マクロビオティックの指導現場からシリーズ」カテゴリーアーカイブ

マクロビオティックの真髄を理解してくれた塾生さん

むそう塾生の京子さんは、「上級幸せコース」を昨日修了しました。
その前の4月7日に「無双原理&盛付コース」も修了されました。
平日受講の時には、お子さんと一緒に京都まで来て、保育施設にお子さんを預けてから教室に来て、授業が終わるとまたお子さんを迎えに行って、広島まで帰ります。
小柄な体にお子さんと荷物は大変な重労働なのですが、一度も休まず笑顔で授業を受けてくれました。

昨夜、ご感想をメールで送ってくださり、とても貴重な内容が含まれていたので、一部を抜粋させていただきます。

何か問題がある時こそ、自分の本質が試されていると感じます。

この1行です。
ここにマクロビオティックの真髄が含まれています。
日常生活ではそんなに緊張はしないでしょうが、その日常生活をどんな過ごし方をしているかは、マクロビオティック的にいうと、とても大きな差になります。

京子さんは、「無双原理&盛付コース」でも熱心に陰陽のことを考えていましたし、お料理のときにも「う〜んう〜ん」と言いながら陰陽で考える癖がついていました。
時には頭の中がグルグルする時もあったのですが、でも、それがあったからこそ、いざという時に的確な判断ができました。

つまり、切り替えがうまく出来るようになったのです。
これは、実は素晴らしいことなのです。

たとえば、教室の授業日と家族の予定が重なってしまった時、あなたならどうしますか?
これはとても多い事例なのですが、その時の対処の仕方でその人のすべてが出ます。
実にカッコよく、唸るような結果を導き出す塾生さんもいますし、自己中心的なことばかり要求する塾生さんもいます。

そういう時には、日々の暮らし方そのものが如実に表れてくる場面であり、マクロビオティックで一番大事にする「判断力」の問題でもあります。
マクロビオティックは、食べ物のことだけをゴチャゴチャ言っているのではありません。
何かあったときでも動じることなく、的確な決断が下せるように判断力を高めるための考え方です。

ですから、京子さんが「何か問題がある時こそ、自分の本質が試されていると感じます。」と実感してくださったことは、物凄くレベルの高い内容なのです。

*   *   *

昨日も京子さんは稲荷寿司を作って、中川さんに出来上がりを見てもらっていました。
朝早くから稲荷寿司を作って、子どもを連れて京都まで来るのは並大抵なことではありません。



中川さんが包丁で稲荷寿司を切って、寿司飯の美味しさにすぐ合格を出し、私の口にも入れてくれました。
見事な美味しさでした。
思わずもう1個いただいてしまいました。



一番難しいところがちゃんとクリアできています。
あとは、折り箱への詰め方と、お揚げのちょっとした時間配分の問題だけでした。
もう彼女は間違いなく「稲荷寿司名人」になってくれることでしょう。
彼女にはお寿司の才能があります。
難しい玄米の寿司飯をあそこまで美味しく作り上げられたのは、彼女の素直で純粋な精神の賜物だと思っています。

そして、彼女は「上級幸せコース」の修了証書を手にされました。
この眩しい笑顔とはちきれる心身の元気さが、彼女の魅力です。
でもね、彼女はよく落ち込む人だったのです。
そして体調もすぐれないことが多い人だったのです。
けれど、最後に彼女は大事なことに気づきました。

お洋服の色合いもとても良くお似合いです。



京子ちゃん、ダブル受講お疲れ様でした。
来期もダブル受講ですね。
さらに素敵な京子ちゃんになることを保証します。


カテゴリー: マクロビオティックの指導現場からシリーズ, マクロビオティック料理教室 むそう塾, こころ・想い | 4件のコメント

「マクロビオティック わの会」 異母兄弟が一堂に会することに意味がある

マクロビオティックはこのブログで何度も書いているように、まるで流派があるかのように細かなところで解釈が違ったり、陰陽が違ったりしている現実があります。
そういうときには何でもそうですが、やはりマクロビオティックの歴史をたどって理解する必要があります。
幸いに「マクロビオティック わの会」には、「桜沢如一資料室」の室長さんがいらしてくださるので、桜沢先生の資料に基づいたお話を聞かせてもらえてありがたいです。

むそう塾でも、よそのマクロビオティック料理教室で陽性と判断されたので、ずっと陰性のお食事を摂っていたけれど体調がよくならないと、いらした生徒さんがいました。
私の目から見たら、その人はむしろ陰性だったので、急いでお食事内容を変えてもらいました。
すると、グングンお元気になられて、やっぱり陰陽が違っていたんだなあと思った次第です。
この逆もまたあります。

*   *   *

先日の「マクロビオティック わの会」でも登場した「胡麻塩」については、指導者の間でも色々な温度差があります。
こういう時に大事なことは、お料理については作り方次第で陰陽がズレていく現象があることまで考えているかどうかです。
桜沢先生が本に書いていたから、あるいは◯◯先生がそう言っていたからではなく、実際に自分で作って試してみて、体質の違う人にも試してみて、そこから導き出していく姿勢が大切だと思います。

本当に陰性なのか?
本当に陽性なのか?
本当にその現象が起きるのか?
常にそういう問題意識を持っていないと、その時代に合わないマクロビオティックを押し付けてしまうことになってしまいます。

大先輩たちが残してくれたマクロビオティックの解釈も大いに参考にしますが、いつも自分が感じたマクロビオティックを咀嚼して次世代の人たちに伝える努力が必要ですね。

*   *   *

ところで、「マクロビオティック わの会」には、日本CI協会や大森英櫻先生から教えを受けた人や、日本やアメリカで久司道夫先生から教えを受けた人が混在しています。
つまり、クシ・マクロビオティックと国内のマクロビオティックで、説明の仕方に少し違いがあるために、マクロビオティックを習った人たちの間で戸惑いの一因になっている現実があります。

また、国内のマクロビオティックが比較的「食養」にウエイトを置いていたのに対し、クシ・マクロビオティックは精神面を前面に出して、明るく楽しいマクロビオティックを教えてきました。
私もこういうクシ・マクロビオティックの方向性は良かったと思います。
なぜなら、マクロビオティックは哲学であり、生き方そのものだからです。

その2つのマクロビオティックの流れを組む人たちが、一堂に会して話し合うことそのものがとても貴重で意味のあるものであり、画期的なことなのです。
くだけた言い方をするならば、桜沢如一という父親を持つ異母兄弟が集まるのですから、最初はしっくり行かないこともあるかもしれませんが、理念は共通なのですから、手法の違いを整理していけば、きっと理解し合えると固く信じています。

2月18日に4回めの集まりがありましたが、2020年に向けて具体的な一歩を踏み出しました。
それまで何回も会って、いっそうお互いの気持ちや考え方を理解し合って行きたいと強く思うのでした。

これからの時代こそ、真のマクロビオティックが必要になるからです。



(マクロビオティック わの会にて 2019.2.18)


カテゴリー: マクロビオティックの指導現場からシリーズ, マクロビオティックわの会 | コメントする

むそう塾の陰陽料理が続けて食べても美味しくて食べやすい理由(ささがきごぼうの動画付)

今月の上級幸せコースのメニューは、新しくカリキュラム変更された内容でした。
この新料理を楽しみに再受講してくださった塾生さんもいらっしゃいます。

まずはお馴染みの「ひじき豆」ですが、これは従来どおりベジ仕様とほんのちょっと動物性仕様をご自分で選んでいただけます。
写真はベジ仕様ですが、それぞれの素材の旨味がしっかり引き出されていて、陽性タイプの人でも召し上がりやすい仕上がりです。


(ひじき豆 料理:京料理人  中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)


*   *   *

次は「中川式焼きうどん」ですが、上に載せたかつお削りを除けば、完全にベジ仕様です。
これが本当に美味しくて、陽性タイプの人も陰性タイプの人も大喜びで召し上がっておられます。
私も2日続けていただきましたが、今日は3日連続でいただく予定です。
玉ねぎの美味しさを新発見した塾生さんも多く、私は北海道出身なのに、玉ねぎをこれほど美味しくお料理してあげていなかったなあと反省中です。
ご家族からリクエストが相次いで、塾生さんは作るのに大忙しになることでしょう。

なお、これには開発秘話がありまして、お肉を使ったバージョンとベジバージョンを中川さんの息子さんに召し上がってもらったところ、ベジバージョンに軍配を上げてくれたのでした。
ちなみに、中川さんの息子さんはお肉大好きな若者です(^^)


(中川式焼きうどん 料理:京料理人  中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)


*   *   *

最後は、今年から新しく採用された「黒毛和牛の時雨煮」です。
このお料理はお弁当投稿によく登場するのですが、習っていないのでバラバラの出来上がりだったため、この辺で一度中川さんから正しい作り方を教えておいた方がよいとの判断でカリキュラムに加えたものでした。
問題は“ささがきごぼう”です。
ゴボウをささがきにするとまな板を削ってしまうからと、ささがき用にまな板を新調したという塾生さんがいらしてビックリ(笑)
でも、中川さんから習った“ささがきごぼう”の切り方は、ちっともまな板を傷つけない方法でしたね。
心地よい軽やかな音だけが響いていました。

過去の動画ですが、載せておきましょう。
【太さの異なるゴボウが3本の場合】2016.7.18



なお、ゴボウや山椒は牛肉の毒消しをしてくれますから、いただくときにも軽さがあって、食後も重い感じがしません。
これがマクロビオティックの陰陽を駆使したおかげですね。
気づけば和食にはそういうお料理が多いのではないでしょうか?
自然に先人たちの知恵と経験で、陰陽をうまく織りなした作り方になっていると思います。
これが陰陽料理が食べやすい理由ですね。
動物性を使っていても、体への負担を最小限にとどめた作り方です。
陽性タイプの人も陰性タイプの人も一緒に「美味しいね」とテーブルを囲める幸せ。
そのために、強い味付けはしていません。
これがむそう塾仕様です。


(黒毛和牛の時雨煮 料理:京料理人  中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)


+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床のご注文方法(2018年度の場合)
2018年 中川式糠漬け(じゃい安Direct)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材

+ – + – + – + – + – + – +


カテゴリー: 京料理人 中川善博の動画, マクロビオティックの指導現場からシリーズ, マクロビオティック料理教室 むそう塾, 料理人 中川善博の陰陽料理 | 2件のコメント

玄米ごはんの少量炊きは胃腸を痛める危険性がありますので技術を磨きましょう

むそう塾ではマクロビオティックの陰陽と京料理を融合した、身体に優しくて健康を大切にするお料理を教え続けていますが、その入門はまず玄米ごはんを炊くことからです。
「玄米ごはんの炊き方秘伝(愛クラス)講座」は、原則として毎月開催され、帰宅後もマンツーマンでの指導が続きます。
なぜそんなに指導を続けるかというと、玄米は白米と違ってちょっとした加減で炊きあがりが激変するからです。

よく、電気炊飯器の玄米モードで簡単に炊けますとか、土鍋で簡単に炊けますとか紹介しているのを見ると、ああ危険と思ってしまいます。
なぜなら、その程度の炊き方の玄米ごはんを食べると、美味しくないだけでなく、胃腸を壊す人が多いからです。
玄米ごはんを胃腸にもやさしい炊きあがりにするには、繊細な微調整なくしてあり得ません。

仮に強靭な胃袋の持ち主であって、完全にα化していない玄米ごはんを食べても平気な人であった場合でも、長い間食べ続けていると体調に違和感が出てきます。
それでその違和感から逃れるべく、分づき米に移行したり、白米に戻る人が出てきます。

圧力鍋で玄米を炊いておられる人も多いことでしょう。
しかし、これとて簡単ではありません。
特に少量の玄米を完全にα化させるのは、並大抵なことではありません。
むそう塾では200ccの玄米を上手にα化させる腕を持った塾生さんがいますが、この人の炊き方の鍋の中は、むそう塾で教えている炊き方とは全然景色が違っていてビックリしたことがあります。
それほど基本を変えないと、玄米の少量炊きは難しいということです。

お料理は何でもそうですが、多くつくる方が美味しくなるものです。
でも、今は一人暮らしの人が多いので、むそう塾ではギリギリの600cc炊きで教えています。
これを400ccで炊こうと思ったら、別の炊き方を研究することになります。
それほど玄米の少量炊きは難しいです。

先日、玄米の少量炊きを勝手にされていて、あまり体調の良くない人がおられました。
玄米ごはんを食べているのに元気が出ないというのは、おかずの問題もありますが、やはり玄米ごはんの炊きあがりに問題があります。
消化吸収が理想的な状態ではないと思えます。

もし、あなたが玄米ごはんを召し上がっているのにイマイチの体調なら、玄米の炊き方にきちんと向き合われることをお勧めします。
白米の延長線上で玄米をとらえていたら失敗します。
食べて美味しくないと感じたら、それは「食べるな」というメッセージです。
美味しければ無心になってお箸が進みます。
その点、子どもはわかりやすいですね。



(小豆玄米ごはん 料理:京料理人  中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

この小豆玄米ごはんは、1月15日の授業で出されたものです。
炊きあがってから6時間以上経っています。
2,000cc炊いてジャーに入っていたので、底の方は重みがかかっていますが、まるで白米かと思うような柔らかい炊きあがりでした。

そして、いつも思うのですが、玄米と小豆が全部一体となっているのです。
これが凄いことなのです。
こういう優しさのある炊きあがりが、食後にホッとした安堵感になり、無理なく消化吸収されて元気の源になってくれるのです。


+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床のご注文方法(2018年度の場合)
2018年 中川式糠漬け(じゃい安Direct)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材

+ – + – + – + – + – + – +


カテゴリー: 玄米の炊き方講座, マクロビオティックの指導現場からシリーズ, マクロビオティック料理教室 むそう塾, からだ | 8件のコメント

おかずのメインは動物性だと思っていませんか? もしそうなら調整をお忘れなく

先日不思議なことがありました。
授業の際に何気なくこぼれた塾生さんの発言にビックリしたのです。
「お弁当のおかずは主が動物性でなければならないと思っていた」というものです。
???
私も中川さんも一度もそんなことは口にしていないはずなのですが、どこかで勘違いされたのでしょう。

召し上がる人の体調によっては、一時期動物性を主にするといいねということはあっても、「動物性でなければならない」ということは断じてありません。
ましてや、むそう塾はマクロビオティックの考え方を取り入れているのですから、相当に植物性の重要性を説いているはずです。
それでもそういう誤解が生じるのですから、本当に人それぞれだと思うと同時に、丁寧にフォローし続けることの必要性を再認識したのでした。

むそう塾では「現代版マクロビオティック食事法」として、次のような記事があります。
現代版マクロビオティック食事法(1)序
現代版マクロビオティック食事法(2)食事バランス
現代版マクロビオティック食事法(3)動物性の割合
現代版マクロビオティック食事法(4)主食としての玄米

「現代版マクロビオティック食事法(2)食事バランス」の中に、次のような文章があります。
「おかずは動物性がメインなのではなく、植物性がメインなのだという認識を持てると、一気に色々な体調の変化を感じることでしょう。」
ここですね。
このことが実際に頭に落とし込めていないから、冒頭のような言葉が出たのだと思います。

また、「現代版マクロビオティック食事法(2)食事バランス」には次のような文章もあります。
「肉・魚などは主菜ではなく副菜としての位置づけになりますので、農林水産省が示したガイドラインの逆になります。
ここの認識が一番難しく、メインが動物性になるような食べ方しか出来ない人は、お肉やお魚を摂らない日を1週間に何回か作るべきです。」

動物性は旨味があるので、ついつい量を求める人が多いのですが、毒消しの観点から考えると、「毒消しできる範囲内で」と指導しています。
それでも世の中には動物性を求める人が多いので、その趨勢を考慮して、あえて厳しい目標を設定しています。
そのくらいの「動物性の少なさ」を意識してもらわないと、絶対植物性が足りなくなってしまうからです。

血液を浄化できるのは野菜や果物のおかげです。
決して動物性の旨味だけに惑わされることなく、野菜をしっかり摂りましょう。
お弁当に動物性を入れることが多い人は、朝食や夕食で動物性を減らしたお料理を心がけましょう。
身体はちゃんと反応してくれますから、それを読み取れるようになりましょう。

*   *   *

おはるさんのお弁当】2019.1.15
自分用です。蓮根金平、高野豆腐白煮、わさび菜辛子浸、玄米274gに冨貴味噌、モバみそ、糠漬です。盛込1分46秒です。早朝に動物性を食べたので調整弁当です。宜しくお願いいたします。


(マクロビオティック京料理教室 むそう塾 おはるさんのお弁当)

中川善博
文句なし 💯!  本当に言うことなしです。  うまそう

この場合は自宅で動物性を口にされたので、お昼は植物性のみということですね。
こういう食べ方で良いのです。
一つの例としてご参考になさってください。
ただし、毎日動物性を摂っても平気な人がいます。
そういう人はご自分の体調を優先なさってください。


+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床のご注文方法(2018年度の場合)
2018年 中川式糠漬け(じゃい安Direct)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材

+ – + – + – + – + – + – +


カテゴリー: マクロビオティックの指導現場からシリーズ, マクロビオティック料理教室 むそう塾 | 2件のコメント