マクロビオティックの指導現場からシリーズ」カテゴリーアーカイブ

「ダメ女たちの人生を変えた奇跡の料理教室」はむそう塾でも同じです

「ダメ女たちの人生を変えた奇跡の料理教室」という本があるそうです。
次の記事を読んでいると、むそう塾でもよく見られる光景だなあという感じがしました。
「こじらせ料理女子」の共感続々 人生が前向きになる奇跡の料理教室

「料理は義務的でめんどくさい、でも外食やコンビニで買うと自分はだめだなと思ってしまって。料理をこじらせていたんです。

こういう人は結構多いですね。
むそう塾にも似たような方が来られます。
今まで何十年もお料理にそんな気持ちを抱いていたなんて、可哀想だなぁと心から思います。
お料理は本来楽しいことだし、創造的だし、何より物事の原点に触れることができて、人生観や価値観がしっかりしてくる素敵な分野です。

でも、時間を費やしたのに出来上がったお料理は美味しくなくて、それがイヤでだんだんお料理を作らなくなる人が多くなるわけです。
しかし、まずくなるには、ちゃんと原因があるので、その原因を解決してあげれば誰でも美味しいお料理が作れるようになるわけです。

「主婦で毎日料理を作っているけど、2歳の息子は食べてくれないし、何がおいしいのかワケ分からなくて迷って砂をつかむような思いでした。この本が、自分の感覚を信じていい、って気付かせてくれました。楽しいと私が思えたら、家族も楽しく食べるようになってきたんです」

うんうんと深くうなずいてしまいます。
むそう塾に来られた時に「子供がご飯を食べてくれない」と嘆いていたお母さんが、その後習ったお料理を作るようになったところ、すごい勢いでご飯を食べてくれるようになったという報告を受けるからです。
美味しい時にはお子さんの食べるスピードは早いんですよね(^^)
そして、大人も口数が少なくなります(笑)

ですから、お料理をこじらせてしまった人は、さっさと習った方が良いと思います。
苦手なことは自分一人では解決する気力も方法もなかなか出てこないからです。

*   *   *

では、美味しいお料理を作れるようになるための最大のヒントをご紹介しましょう。
それは、まず美味しいものを食べることです。
食べたことがないものは作れないから。
食べていないと最終的に目指す味が分かりません。

ですから、どんな有名な人が書いた本でも、そこから味を知ることはできません。
DVDでも動画でも同じですね。
味も香りも温度も全部を肌や五感で感じ取ってこその学びですから、直接お料理を味わえない環境で学んだ内容は、「教えた人の味に似たようなもの止まり」です。

勇気を出して一歩踏み出せば、上でご紹介したお料理教室の生徒さんのように、人生が前向きになるだけでなく、人生が激変することでしょう。
お料理は毎日口にするものですし、一生食べ続けるものですから、それほど大きな影響を与えるものなのです。

5月からはむそう塾の新学期が始まります。
今年度はどんなドラマが待っているでしょうか。
今から楽しみです。



(玄米ちらし寿司 料理:京料理人  中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

今月の上級幸せコースはちらし寿司を作ります。
むそう塾はマクロビオティック京料理教室ですから、玄米ご飯ですし飯を作ります。
でもね、これが白米より美味しい仕上がりになるんですよ(゚д゚)!


+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床受付方法のご連絡(2017年度の場合)
中川式糠漬け(じゃい安)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材


カテゴリー: マクロビオティックの指導現場からシリーズ, マクロビオティック料理教室 むそう塾 | コメントする

写真を大きな画面で見るようにした京子さんの場合

むそう塾生の京子さんは、幸せコースに通うママさんで、1歳8か月のお子さんを育てています。
お料理のことはまったく分からないまま結婚して、お子さんが産まれ、マンションで子どもさんと向き合う典型的な核家族生活です。
ご主人様にはお弁当を作っているので、昨年の途中からお弁当投稿も始めました。

誰でもそうですが、自分の作ったお弁当写真をさらすのは勇気がいるものです。
でも、むそう塾の先輩たちはこのお弁当投稿で鍛えられて上達しているので、勇気を出して参加したのでした。
京子さんはとにかく習ったお料理をお弁当に詰めることをしていたのですが、一つが上手くいくと一つが疎かになってしまう癖があって、一進一退の状態でした。

そこで、京子さんが先日授業に来られた時に、私から「とにかく写真をズームにして、大きな画面で何度も見るように」と言いました。
それもお料理を作る前に何度もしっかり見て、脳裏に焼き付けるように、さらにはそれをデスクトップに常駐させるように、とも言いました。

彼女はそれまで、せっかく大きなMacを購入したのに、iPhoneから写真を見ていたのでした_| ̄|○
お子さんがいたずらをしてはいけないとMacを開かない癖がついていたのでしょうか。
あるいは片手間にiPhoneから写真を眺めていたのかもしれません。
その方が手軽だから。

それで、iPhoneから見ることを禁止して、ちゃんと大きくズームして見てもらいました。
するとどうでしょう!
こんなに素晴らしいお弁当が出来上がりました!



(マクロビオティック京料理教室 むそう塾 京子さんのお弁当)

お写真の美しさといい、敷物の色といい、お料理の仕上がり具合といい、申し分のない出来上がりになりました。
文句なしの100点です。
彼女はもちろん嬉しかったことでしょうが、私も本当に嬉しかったです。

私がなにより嬉しかったのは、彼女が私の言葉どおりに実行に移してくれたことです。
彼女の素直さがそれをしてくれたのです。
お料理の前に写真を何度も大きな画面で確認したことで、彼女は得られたものがあったようです。

*   *   *

そうなんです。
大きな画面で見る写真は凄い情報量を持っているのです。
ですから、むそう塾では愛クラスの時から、玄米投稿をする前に自分の写真をパソコンの大きな画面で確認してくださいと言い続けているのです。
しかし人それぞれですね。
それを怠った人は細かな指導が理解できません。
当然のことですがパスポートが遠のきます。

こちらの「<保存版> お料理上達の秘訣10か条」は、10年に亘ってむそう塾生を見続けて、その指導結果から導き出されたものです。
先輩たちの汗と涙の結晶がここにあります。
実行するかしないかはあなた次第です。
実行できた人は時間を有効に使えますね。

さあ、あなたはいかがでしょうか?


+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床受付方法のご連絡(2017年度の場合)
中川式糠漬け(じゃい安)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材


カテゴリー: マクロビオティックの指導現場からシリーズ, マクロビオティック料理教室 むそう塾 | 2件のコメント

<保存版> お料理上達の秘訣10か条 

お料理を習いにどこかに通っている人は相当多いと思うのですが、お料理には習い上手というのがあります。
逆に言うと、習い下手な人が圧倒的多数かと思います。
そこで、お料理の上手な習い方と上達方法を書いてみます。

【1】まず習い事は完全模倣から入ること。

【2】次は習ったとおりの食材と分量と作り方で完全コピーをすること。

【3】作りたいお料理の写真を何度も何度も確認すること。目を閉じても画像が浮かぶくらい見ておく。

【4】お手本の写真は15インチ以上のパソコン画面で大きくして見るか、ズーム機能を使って限りなく拡大して見る。髪の毛が落ちていてもそれも確認できるくらいまで拡大すること。

【5】お料理の分量や工程は習ったとおりに再現するのは絶対条件。

【6】お料理ができ上がったらすぐ盛り付けをして、直ちに写真を撮る。

【7】自分の写真もお手本の写真と同じ大きさまでズームして確認する。

【8】上の3〜7を繰り返して、お手本と同じ写真になるまで練習する。

【9】写真の確認を携帯電話の画面からしないこと。絶対禁止

【10】お料理の前にいかにお手本画像を脳裏に焼き付けられたか。これが上達の大きな鍵になる。

*   *   *

今の時代は写真が手軽に撮れるので、この写真を使わない手はありません。
動画を利用するのも大変効果的です。
つまり動画で「我を知る」のです。
必ず人には癖がありますから、その癖が上達の妨げになっていることが多々あります。
限りなくその癖をなくすことがお手本に近づく一番の近道です。
むそう塾でも、動画を上手に利用している人の方が上達がとても早いです。

この記事はむそう塾生を10年間そばで見てきたからこそ書けた内容です。
騙されたと思って実行してみてください。
必ず上達します。



(菜の花の辛子浸け 料理;京料理人  中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)


+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床受付方法のご連絡(2017年度の場合)
中川式糠漬け(じゃい安)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材


カテゴリー: マクロビオティックの指導現場からシリーズ, マクロビオティック料理教室 むそう塾 | コメントする

マクロビオティックの自然な伝播に拍手!

私がマクロビオティックを知ってから、嬉しいことはいくつもありましたが、周りの人が良い方向に変化していく時が一番嬉しいです。
人には当然のことながら個人差がありますから、陰陽を深く理解したい人、陰陽はそれほどではなくても美味しいものを食べたい人、どちらも深く追究したい人、それぞれです。

多くの人が良い方向に変化して行くさまを見ていて、知識が確信に変わって行くのですが、それでもまだ油断はできません。
人は心にも体にも波があるからです。
何年にも亘って「その人」を見続けてこそ、陰陽の本当の力を感じることができますね。

上っ面の陽性と真の陽性の違い、陰性だと思える状態の蔭に潜む陽性。
そういうのを理解するのは、やはり時間の経過も必要です。
そうこうしているうちに、「その人」の変化を周りが感じるようになってきます。
そこで初めてマクロビオティックの伝播が自然な形で起きるのです。

性急に他人に押し薦めるものではありません。
自分と波長が合えば取り入れればよいし、合わなければ「一つの考え方」と思うだけです。
哲学や思想って本来そういうものですよね。



先日、嬉しいことがありました。
むそう塾生のKさんのお母様が愛クラスに申し込んでくださったのです。
Kさんは、2013年8月に玄米の炊き方を習いに来られて、翌2014年から「幸せコース」に通い始めました。
必要以上に緊張してしまうKさんは、愛クラスの時も幸せコースの授業日も緊張でお腹が痛くなってしまうほどでした。

でも、その後「上級幸せコース」「満足コース」と進むにつれて、嫌いだった食べ物が美味しく食べられるようになったり、彼女の作ったお料理をご家族が絶賛してくれたりして、陰陽でお料理することの凄さをジワジワと実感されたのでした。
そして、彼女はお料理の楽しさに目覚めて行きました。

それとともに体調もだんだん変化して、ついには精神面まで前向きに変化して、恋人が出来ました。
彼の方からおつき合いを申し込まれたのですが、彼はKさんのことを「いい顔してるなー こんな子がいたらいいなー と思ってた」とのこと。
彼女が「いい顔」でいられたのは、ひとえに心身が良い状態でいられたからですね。



そんな彼女の変化を見て、お母様も何かを感じ取ってくださったのでしょう。
これこそが、Kさんがご自分の身をもってマクロビオティックを伝えたことになります。
むそう塾にKさんが来られてから4年5か月。
納得しながら一歩ずつ前に進むKさんには、奥深くに存在する陽性の力を感じます。
その陽性さを、これからの日々に反映して素敵な人生になってくれると信じています。

そして、お母様との新しいご縁にも感謝しながら、一つひとつ心を紡いで行きたいと思います。



(菜の花のからし和え 料理:京料理人  中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)


+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床受付方法のご連絡(2017年度の場合)
中川式糠漬け(じゃい安)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材


カテゴリー: マクロビオティックの指導現場からシリーズ, からだ, こころ・想い | 3件のコメント

「マクロビオティックわの会」第1回目が開催されました

昨日(1月16日)は東京で「マクロビオティックわの会」が開催されました。
発起人は「ラ・コシナ・デ・ミナカ」を主宰されている永井邑なかさん。
この会の構想は昨年の4月頃から始まって、暮れに具体的な日程が決まったのでした。
何しろ、マクロビオティックの先生たちにお声がけをするという大がかりなものだったので、事前準備が大変だったと思います。
40名ほどの先生にご連絡をしてくださって、昨日集まったのは17名でした。

この会の目的は、これから具体的に永井さんの方から提案されるかと思いますが、昨日は初顔合わせという感じで終わりました。
男性6名(パトリシオさん、磯貝昌寛さん、伊藤誠さん、橋本宙八さん、坂口直樹さん、金久保宏高さん)がおられて、同じマクロビオティックでも男性ならではの視野の広さを語っておられて、スケールの大きさを感じました。
これぞ本当のマクロビオティック!という感じです。

そもそもこの会は、日本の伝統的マクロビオティックと、クシ・マクロビオティックの接点を作るべくスタートしました。
今やそれぞれのマクロビオティックが独り歩きしている状態ですが、その弊害もあちこちで起きています。
その現実を踏まえて、これからのマクロビオティックを真正面から考える会が昨日立ち上がったわけです。

日本のマクロビオティックとクシ・マクロビオティックの両方で深く学んで来られて、両方の指導者をよくご存知の永井さんが立ち上がってくれて、とても良かったなと思っています。
まだ40代の若さですから、これからのご活躍を期待するとともに、この会の発展に協力したいと思っています。

昨日の二次会では、橋本先生・坂口先生・パトリシオ先生・永井先生・宮里先生から久司先生のお話も伺えて、とても有意義な時間を過ごさせていただきました。
貴重な機会をいただいて感謝しています。



(二次会の会場となった千駄木のお店 大久保千和子先生からお料理を習ったそうです。)


カテゴリー: マクロビオティックの指導現場からシリーズ | コメントする