マクロビオティックの指導現場からシリーズ」カテゴリーアーカイブ

陰陽をビーフシチューに取り入れたら、こんなにも美味しくなりました 塾生さんの体験談より

「無双原理&盛付コース」でお教えしたお料理の復習投稿がありました。
とても感動的な文章が綴られていたので、こちらでご紹介させてください。

<ばんびさんのメールより> 抜粋

ー省略ー

<ビーフシチュー>

「美味しい・・・!これはスゴイ・・・凄いよ、これは!!」
ビーフシチューを食べた夫の第一声です。
出来上がりが夜遅くなってしまい、味見程度に食べてみるつもりだったようですが、夢中で一皿完食していました。
「明日の夜食べよ♪」と就寝し、翌日、「仕事中ビーフシチューが頭に浮かんで来て困った」程、ゾッコンになったようです。

「じゃがいもや人参など具材それぞれの味わいもはっきり楽しめるのが嬉しい。ビーフシチューなのにくどくなく、軽く食べられるのにこのコクと味わいがスゴイ」と大興奮でした。
お教室でいただいた時、私も同じように興奮したので、夫の反応が楽しく嬉しかったです。

シチューというと、ゴロゴログズグズザラザラ・・・で混沌とした感覚がありますが、そうした感じは一切なく、こんなに心地よくスッキリいただけるシチューがあるのかと驚きました。
素材ごとの◯◯◯や一手間、◯◯の◯◯、滑らかな舌触りを生む包丁仕事、どれもが大きな影響となることを感じました。

食後も翌日も体はスッキリとしていて気分も軽く、日常に陰陽バランスのとれたお料理をいただく事が、精神的にも肉体的にもどれだけ大事か改めて実感しました。
家族皆がご機嫌になるお料理がまた増えました。
教えてくださってありがとうございます。

ー省略ー

*   *   *

<マクロ美風より>

乳飲み子を抱えて超寝不足なのに、こうして手間のかかるお料理を作ったり、丁寧なメールを送ってくれたり、あなたの真面目な性格を思ってほのぼのとしています。
昨日の講座にもお弁当を作って持参されて、その努力に頭が下がります。

坊やはとても上手に育っていますので、ご安心ください。
声を出して笑う坊やが可愛くて可愛くて(^^)
坊やに遊んでもらいながら、しっかりと成長の急所は確認しておきました。
良い陽性に満たされた育ち方をしていましたよ。

ところで、ご主人様の反応がとても嬉しいですね。
ばんびちゃんは作り上手で、ご主人様は食べ上手だなあと思いました。
こんなふうに反応しながら食べてくれると、作り甲斐がありますよね。
素敵なご主人様だなあ。

こういうご家庭でこれからお食事をするようになる息子さんは、きっとお料理に関心があって、味覚が発達されるに違いありません。
理想的なご家庭を築けそうですね。
(もう築きつつありますが。)

素晴らしい復習投稿をありがとうございました。



(ビーフシチュー マクロビオティック京料理教室 むそう塾 ばんびさんの作品)


+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
2019年度各コース受講希望者状況
「2019年度(第11期)幸せコース」の申込み
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床のご注文方法(2018年度の場合)
2018年中川式糠漬け(じゃい安Direct)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +


カテゴリー: 塾生さんのメールから心に響いたこと, マクロビオティックの指導現場からシリーズ, 料理人 中川善博の陰陽料理 | 2件のコメント

「陰陽別お出汁の取り方と味噌汁大全講座」を終えて 石の上にも10年の手応え

昨日は「陰陽別お出汁の取り方と味噌汁大全講座」を開催しました。
この講座は、「むそう塾三種の神器」の一つである「お味噌汁」を、召し上がる人の体調に合わせて作る方法を教える内容です。
この講座のために、わざわざニューヨークからいらしてくださった塾生さんもいて、本物のお味噌汁を作りたい人の素敵な氣が満ち溢れた一日になりました。

すでにアップされている中川さんのブログ記事に、素直な気持ちを書かれたNaNaさんのコメントが届きました。
彼女はまだ大学生ですが、あまりに体調が悪いので、この夏に愛クラスを受講されて、その後玄米で元気を取り戻しつつある塾生さんです。

彼女の繊細な言葉で綴られた文章を読むと、本物を伝え続けて本当に良かったと思います。
人気を得るためとか、人を集めるためとか、そんなことを抜きにして、本当のことを正しく伝える。
マクロビオティックであろうが、マクロビオティックでなかろうが、間違っていることは間違っていると伝えること。
本物だけを伝えること。
それに徹してきた10年間でした。

今、少しずつその手応えを感じつつあるところです。
石の上にも三年といいますが、むそう塾にとっての石の上は10年だと思っています。
陽性な展開は広がり方が遅いのでね。
マクロビオティックに対して、陰陽に対して真正面から向き合った10年間で、こういう記事を書かせてくださった塾生さんに感謝しています。
なぜなら、塾生さんの存在なしでは得られない結果ばかりですから。

では、NaNaさんのコメントをこちらに転載させていただきます。

*   *   *

NaNaさんのコメントより>

中川さん マクロ美風さん

昨日は本当にありがとうございました。
また京都まで行くことができて本当に本当にうれしかったです。

お味噌汁、どれもとってもおいしかったです。おいしすぎてしあわせでした。
でもそれはケチらずにきちんとお出汁をとることと、食材、お出汁、みその陰陽が整っているからなのですね。
食材の陰陽によってお出汁やお味噌を変えるということ、とても大切だなと思いました。実は私は麦味噌は嫌いだったのですが、昨日のお味噌汁では具材との組み合わせのお陰で違和感なくすーっと身体に入ってきました。すごくおいしかったです。(今まで野菜のお味噌に使っていたから合わなかったのだなとわかりました。)
あと、前に行っていた料理教室で精進出汁で五目野菜のお味噌汁というのを作ったことがあるのですが、私は一口目から気持ち悪くなってしまったことを思い出しました。これも陰陽を考えたら納得しました。
そして自分がおいしくないと感じるものは何かがズレているということなんだろうなと実感しました。
愛クラスのときもそうですけど、むそう塾に行ってからは自分の身体がちゃんといいものいやなものを教えてくれることが感じられてすごく面白いです。

一番だしもとてもおいしくて、お味噌が入っていないお出汁だけでも身体がほわーっとなりました。
昨日、家に着いたときはさすがに疲れを感じたけれど、今朝は起きたときから元気です!学校に行く前に玄米を炊いて、他にもパワフルに動いてから家を出ました。
いいお出汁といい乳酸菌をとったからか、何だかすごく調子がいいです。
他のところだと遠出した翌日はぐったりだけれどむそう塾に行ったときは違っていてびっくりです。
京都は遠いけど、こんなに元気になれるなら行ってよかったなあと思います。今日も元気に学校に行けて本当にうれしいです。

それと、モバみそも習えてとってもうれしかったです。
今までは大学が遅くて家で夕食が食べられないときはお味噌汁が飲めなくて、でも夜遅くまで授業がある日ほど疲れているから本当は味噌汁がほしくて…だからモバみそを習うのをずっと楽しみにしていました。
玄米炊飯もそうですけど、中川さんの教えてくださるものは、家にいなくても持っていって食べられるので大学が夜遅くなって家に帰れないときでもこれからは玄米ごはんとお味噌汁が必ず食べられると思うと本当にうれしいです。
これで安心して勉強がんばれます。
むそう塾に出会えて本当によかったです。

本当に昨日も1日とてもたのしかったです。色々お味噌汁のこと以外にも物事の考え方、捉え方などたくさん心に残りました。

今までは水出しのお出汁にしていたけれど、今日からはしっかりお出汁とります。
これからずっとおいしいお出汁のお味噌汁が飲めると思うとわくわく楽しみです。

中川さん、マクロ美風さん、昨日も本当にありがとうございました。

*   *   *

<マクロ美風より>

NaNaさん、昨日はお疲れ様でした。
遠くから新幹線での日帰り受講は、お疲れだったと思います。
でも、今年の夏のあなたの弱々しさを思うと、もう別人でしたね。
体力がもたないから、愛クラスを途中で帰ってもよいかと事前にメールをくださったのが、まるで嘘のようです。
一日中立って受講できましたね。

今朝も朝から玄米ご飯を炊けたようですし、お味噌汁を持って大学に行かれたら、きっとお昼の満足度も大きくなっていると思います。
これからご自分の体調を観察したり、お母様の体調の変化も参考にして、陰陽の使い方を身につけて行ってください。

少し遅れますが、1月14日には「牡蠣料理五種」でお会いできますね。
その時には昨日よりもっとお元気なNaNaさんになっているはずですから、せっせと本物のお味噌汁を召し上がってください。
そして、牡蠣料理からあなたの人生が変わりますよ。
楽しみにお待ち下さいね!



(柚子 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

満足コースの“壽乃”さんが、ご自宅で採れた無農薬の柚子を枝付きで送ってくれました。
ありがたく季節を楽しませていただいています。


+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
2019年度各コース受講希望者状況
「2019年度(第11期)幸せコース」の申込み
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床のご注文方法(2018年度の場合)
2018年中川式糠漬け(じゃい安Direct)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +


カテゴリー: マクロビオティックの指導現場からシリーズ, 食べたもののようになる, からだ | 5件のコメント

中川式のビーフシチューが美味しすぎて・・・ 塾生さんのメールより

むそう塾の「無双原理&盛付コース」では、毎月新しい陰陽料理を1品ご紹介しているのですが、今月は「ビーフシチュー」でした。
マクロビオティックの教室なのにビーフ?と目くじらを立てる人がおられるかもしれませんが、むそう塾ではご家族様の健康を損ねないように、陰陽を十分考えた料理方法でお伝えしています。
お子様のためにも、もどき料理ではなく、素材の本当の美味しさを味わってほしいので、このようにしています。

講座を受講された“こつぶ”さんが復習をして、今朝お母様に召し上がってもらったそうです。
今頃はお父様にも召し上がってもらっている頃かもしれません。
明日は妹さんにも召し上がってもらうのだとか。
それほど気に入ってもらえてとても嬉しいです。

ちなみにこつぶさんは、数年前にむそう塾に来られた時、動物性がダメで食べられるものがとても少なかったのです。
しかし、上級幸せコースで美味しいお料理をたくさん習って、少しずつ動物性のお料理も食べられるようになってきました。
それとともに、体調や友達づきあいにも変化がみられ、とても食生活が豊かになって来ました。

そして、とても楽しそうになって、以前より格段に笑顔が増えたのが嬉しいです。
体力もついてきて、思考にも弾力が出てきました。
まさに「食べたもののようになる」を実感します。
では、こつぶさんのメールをご紹介させていただきます。

*   *   *

<こつぶさんのメールより>

美風さんこんにちは。
先ほどはTwitterでお声掛けくださりありがとうございました。

中川さんに投稿送信するメールを書いていて、あまりに言いたいことがいっぱいになってしまったので(笑)、いくつか消そうと思ったのですが、やっぱり聞いてほしくて、美風さんにお手紙を書いていたところでした。

このメールと中川さんに送るメール、重複するところもあるのですが、投稿は今夜の父の反応と 明日夜の妹の反応を聞いてから送信しようと思います。

*****

昨晩仕込をして、今朝作ったビーフシチューをランチに持っていきました。
自分でも意外なくらい美味しく感じて嬉しかったです。
食べた瞬間も口福ではあるのですが、その食べた後が特筆ものでびっくりしました。
ジャガイモが煮崩れないので澱粉が口に残ることもなく、シチューを食べたと思えないくらい食後が軽くて、いかに一般のルーが油脂や小麦、その他の塊なのかがよく分かりました。

1月の牡蠣シチューもとっても楽しみです。
今まで後回しにしてきたカレー講座にも、ますます興味が湧いてきました^^

特に今回嬉しかったのは ◯◯肉へのハードルが下がったことです。
◯◯や△△は苦手最たるもの、という感じでしたが、▽▽をして、良く煮込むと食べられることが分かったのが最大の収穫です。
それでもあまり多くは食べられませんが、時々□□の煮込みも食卓に取り入れていきたいと思います。

上級ラーメンの煮豚から始まり、鶏手羽、牛煮込み… 「美味しければ食べられるのだ」ということを身をもって体感しています。
世界がどんどんと広がってきて数年前の自分からしたら信じられない気持ちです。
大きなお肉がゴロゴロ入ったシチュー、なんだか自分が作ったものではないような…「えっへん!」みたいな…誇らしい気持ちでした。     

*****

余談になりますが、
苦手なものってそれなりに自分の中では理由があるんですね…

例えば
脂っぽさが辛い とか
食感が苦手   とか
臭みを感じる  とか。

ずっと〝それ(理由)を解消しよう〟と思ったことがなかったです。
というか、「嫌いなら食べなくていい」と思っていたので、解消などとは思いつきもしませんでした、排除一辺倒で。

でも、中川さんのお料理で 美味しければ食べられる、という新しい風が私の体や意識の中に入ってきました。
多分それは 今まで思ったこともなかった
・素材を良く選ぶ とか
・丁寧に下処理する とか
・食べにくい理由を極力排除すること…
・あ、あとは技術か…(そこは大きな課題ですけども^^;)

そんなことで世界が広がるということなんだと。
上手く言えませんが 【美味しくしようとする】ということでしょうか。
そんなことを今回ので復習で感じました。

*****

偏食が治った、とは言えませんけど、美味しいものがきっかけで、多少のものなら抵抗が無くなったのは、本当に大きなことで、お付き合いや会食で人に気を遣わせることが減ったと思います。

何より体調や気持ちに変化が出てきたと思います。
マクロ関係なくの結構なベジ生活でしたが、あのまま続けていたらどうなっていたのかな…想像できません。
食べた後を考える事や、体の声を聴けるようになったこと、これはむそう塾で学ばないとできなかった事だなと思います。

食べることって大事ですね。
美味しいって大事ですね。
有難いことです、本当に。

取り留めない話になってしまいすみません。
純粋に、嬉しかったです。
おいしかったです。
家族の反応が楽しみです!

こつぶ




(無双原理コースの授業でビーフシチューを味見する皆さん マクロビオティック京料理教室 むそう塾)


+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
2019年度各コース受講希望者状況
「2019年度(第11期)幸せコース」の申込み
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床のご注文方法(2018年度の場合)
2018年 中川式糠漬け(じゃい安Direct)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材

+ – + – + – + – + – + – +


カテゴリー: マクロビオティックの指導現場からシリーズ, マクロビオティック料理教室 むそう塾, 食べたもののようになる, 料理人 中川善博の陰陽料理, 体験談 | 2件のコメント

お食事が終わって3時間経っても、お菓子がほしくならない程度が理想の食事

いつも忙しい私ですが、11月は次年度への準備があって、例年仕事量が相当増えます。
そんな中、先日は授業が終わってから、塾生さんでない人に電話指導をしました。
一度面識のある人なので、指導はしやすいのですが、それでも一般の現実とはこういうものかと改めて考えさせられます。

仮にAさんとしておきましょう。
Aさんによると、「うちは糖尿病家系なので」ということで、Aさんは慢性膵炎ということでした。
代々糖尿病患者が出ているにもかかわらず、お食事で気をつけていることはご飯を減らすことと油ものを摂りすぎないことだそうです。
主訴は食事に満足感がない、体力がないというもの。

それはそうでしょう。
日本人にとってのご飯は、まさに主になる食べ物なのですから、それを100gちょっとでは満足感がないのは当然です。
しかも白米です。
むそう塾生の家庭なら、保育園児でも100gちょっとの玄米ご飯を食べていますから、AさんやAさんのお父さんが、いかにお食事からエネルギーを供給されていないことか。

ちなみにお父さんは糖尿病患者さんだそうですが、お食事で気をつけているのは、やはりご飯を減らすことで、お子さんと同じくお食事に満足感がないとのことでした。
これでは日々のエネルギーは湧いて来ませんよね。

むそう塾生に糖尿病患者さんの人が複数おられますが、玄米ご飯を200g以上摂るようになって、体力がしっかりとついてきています。
今はご飯の糖質が目の敵にされる風潮にあるのですが、その糖質こそが甘いお菓子を食べなくても済むようになる鍵を握っているのに・・・。

白米の中の糖質成分が、お食事後の血糖値を急に上げるので、ご飯を制限することによってそれを避けようとするのは理解できるのですが、玄米なら血糖値の上昇はゆるやかです。
ですから、糖尿病患者さんにはぜひ玄米ご飯に変えることをお勧めします。

主食のご飯を減らして、お菓子に手を伸ばしていたら、そんな滑稽な姿はありません。
お食事が終わって3時間経っても、お菓子がほしくならない程度。
これが正しいお食事の内容です。

Aさんのみならず、ご飯を減らして美しくなろうとか、健康になろうとか思っている人は、この機会に考え直してみてね。

なお、むそう塾では毎月玄米の炊き方講座を開催していますので、白米のように食べられる玄米ご飯を体験なさると、衝撃を受けることでしょう。
次回の開催は11月25日(日)です。
お申し込みはこちらの記事からどうぞ。



(中川式玄米ごはん 料理:京料理人  中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)


+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
2019年度各コース受講希望者状況
「2019年度(第11期)幸せコース」の申込み
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床のご注文方法(2018年度の場合)
2018年中川式糠漬け(じゃい安Direct)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +


カテゴリー: 玄米の炊き方講座, マクロビオティックの指導現場からシリーズ, マクロビオティック料理教室 むそう塾, からだ | コメントする

「無双原理&盛付コース」のお料理 塾生さんの感想が嬉しい

むそう塾には「無双原理&盛付コース」というのがあります。
マクロビオティックでは「陰陽」という視点で物事を考えますが、そのお母さんである「無双原理」のことを、もっと生活に密着して考えようと思ってスタートしたコースです。

そして、陰陽で考えた中川さんの新作料理を毎月お伝えする内容ですが、そのお料理がとても美味しいのです!
今月は「ビーフシチュー」でした。
「なあんだビーフシチューか」と思われるかもしれませんね。
でも、そこはマクロビオティック京料理教室のむそう塾ですから、ポピュラーなお料理でも陰陽で構築し直してあります。

*   *   *

そのお料理を復習投稿してくださった塾生さんの投稿文が素敵でしたので、記事にさせていただきたいと思います。
お父様のお言葉がとても嬉しくて、このお料理をお伝えして良かったなあと思いました。

マクロビオティックだから動物性抜きで、と頭を固くしていたら、きっといただけないご感想だったと思います。
お料理を作った人にとって、こういう言葉がけは嬉しいだけでなく、お料理へのモチベーションも上がりますし、人生が充実しますね。

【11月】
<ビーフシチュー>

(マクロビオティック京料理教室 むそう塾 好さんの作品)

<復習投稿文より> 抜粋
【作った感想】
丁寧にお鍋から油を取り除いたり、シチューが冷めないようにお皿を温めたり食べる人のことを思って作るお料理は優しい気持ちになれます。時間をかけて煮込む冬にぴったりなお料理を伝えてくださってありがとうございます。盛る器も変えて楽しんでみます。

【感想】
最後に塩を入れてからお味見して…..味見が止まらない美味しさでした。外食でビーフシチューは憧れの存在でしたが、この冬からは自宅で楽しめます!

本日は家族と共にいただきました。
食べ始めてあまりに静かなので一瞬「あれれ?」と思いましたら、美味しくて黙々と食べてくれていたようです。
シチューがしみたパンも、ご飯も両方楽しみました。
父が眠る前に「シチューとっても美味しかった、ありがとう」と。

陽を加えたり、陰性の力を足したりしながら出来上がった、優しい陽性のシチューは体に負担なく馴染んでいきます。
こんな美味しいお料理を父母はもちろん、今はいませんが…「彼氏」と呼べる人ができましたら振舞ってあげたいと思いました。

美味しくできたと思います。

ご指導、よろしくお願い致します。



*   *   *

「無双原理&盛付コース」は、美味しいお料理を習いながら、無双原理を真正面から考えるコースですが、現在10名の皆さんが学ばれています。
途中でお二人が出産されて、赤ちゃんを抱えながら受講されています。
寝返りを打つようになってしまうと、狭い教室では危ないので、託児施設を利用しながらの受講になります。

育児中でもこうして「無双原理」を考えながら暮らせるのは、マクロビオティックを知っている者の特権ですね。
きっと日々の暮らしに「穏やかさ」を運んできてくれるはずです。
この穏やかさこそが、むそう塾が一番伝えたいことです。

お料理はその入り口なのですが、味は到達点でもあります。
なぜなら、味は陰陽バランスの結晶ですから。

*   *   *

ついでに、5月から10月までにお伝えしたお料理も載せておきましょう。

【5月】
<筍と地鶏の陰陽煮>

【6月】
<賀茂茄子の鶏味噌射込み>

【7月】
<あさりと上賀茂トマトのスープ>

パスタとも組み合わせられます。
<トマトとあさりのパスタ>

【8月】
<冬瓜と焼きなすと穴子の炊合せ>

【9月】
<鴨汁蕎麦>

【10月】
<地鶏手羽肉と丹波栗の甘辛煮>

以上


+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
「2019年度(第11期)幸せコース」の申込み
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床のご注文方法(2018年度の場合)
2018年中川式糠漬け(じゃい安Direct)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +


カテゴリー: 塾生さんのメールから心に響いたこと, マクロビオティックの指導現場からシリーズ, マクロビオティック料理教室 むそう塾, 料理人 中川善博の陰陽料理 | 2件のコメント