マクロ美風の体験的マクロビオティック」カテゴリーアーカイブ

現代版マクロビオティック食事法(4)主食としての玄米

マクロビオティックの食事法に関しては、たくさんの本が出ていますし、ネットにもいっぱい情報が流れていますが、私はあくまで「マクロビオティック京料理教室 むそう塾」として直接手応えとして感じたことを記事にしています。
ですから、ここには指導体験から導き出された結果が凝縮されていますので、少しでも健康に関心をお持ちのかたには参考になるかと思います。
もしあなたが溢れる情報の中で迷っておられるなら、整理のためにお役立ていただけたら幸いです。

<主食という概念>

さて、今回は主食について取り上げます。
今の時代は食生活の欧米化とともに、主食の概念が薄らぎつつありますが、私は単純にいって誰でも健康を目指せる食べ方として、「主食」という言い方はあった方が良いと思います。
なぜなら、指導現場では主食の量や質がその人の精神面まで大きく左右する現実が日常的に起きているからです。
まさにその人にとっての主要部分を構成するのが主食だからです。

では、何が主食たりえるのかといえば、日本人の場合はやはり穀類のうちでお米が最もふさわしいといえます。
日本人全体では白米の方が圧倒的に多いのですが、自然食志向の人たちの間では玄米も広く受け入れられており、特にマクロビオティックでは「一物全体」の観点から玄米を積極的に取り入れています。
その他に小麦や蕎麦も主食に含まれますが、玄小麦・玄蕎麦は加工や味の点から一般的な広がりは少ないです。

<主食の量>
その主食はどのくらい摂ればいいのか知りたいところでしょうが、これこそ個人差がありすぎて一概にはいえません。
食べる人の体調や体質、年齢や性別やお仕事の種類、はたまたどこにお住いなのかなどを考えると、ブログには細かなことは書けないのですが、むそう塾では1回に自分が食べるご飯の量はg単位で把握してもらっています。
なぜなら、そのご飯に含まれる糖質がその人の病気にダイレクトに響くことがあるからです。
大体200g前後を1回のお食事で摂ることが多いです。


<実例>
【塾生作品の玄米お弁当:玄米ご飯160g、梅干、昆布佃煮、出汁巻き玉子、小松菜塩茹で、肉団子甘酢餡、この他にモバイル味噌汁、糠漬け】

%e3%83%9e%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%93%e3%82%aa%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%af%e4%ba%ac%e6%96%99%e7%90%86%e6%95%99%e5%ae%a4%e3%80%80%e3%82%80%e3%81%9d%e3%81%86%e5%a1%be%e3%80%80%e7%8e%84%e7%b1%b3

(マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

いかがですか?
玄米ご飯とは思えないほど色白の炊き上がりですね。
実は今が1年中で一番玄米ご飯が美味しく炊けない時期なのですが、上手に炊いてご自身の体調を崩さないお弁当が完成しています。
なお、この塾生さんは1型糖尿病なので、主食を少なめにして糖質に気をつけています。

<玄米と白米の注意点>
・主食は一生食べ続けることを考えて中庸の仕上がりにすること。
・主食は玄米がベストですが、必ず無農薬栽培のものにすること。
・玄米のフィチン酸については、むしろ良い面もあるので心配しないこと。(後日記事にする予定)
・一日3食とも玄米は多いので、もう1食は白米や麺類でも良い。(何年も先のことを考慮して。)
・最低1食を玄米にするだけでも便の状態が変わってきます。
・玄米は白米に比べて米糠の部分の栄養がとれるので、ご飯の量もおかずの量も少なくて良い。
・玄米は炊き方によって消化が悪くなるので、必ず消化吸収の良い炊き方にすること。(中川式玄米の炊き方がおすすめ。)
・白米を食べる場合は、おかずやお出汁を陽性気味に。
・最初の一口だけは玄米なら60回、中川式なら40回噛みましょう。(よく噛むことを意識するため。)
・玄米を食べるメリットは米糠部分の摂取にあって、この米糠が威力を発揮します。実感出来るようになると玄米生活が楽しくなるでしょう。


<関連記事>
現代版マクロビオティック食事法(1)序
現代版マクロビオティック食事法(2)食事バランス
現代版マクロビオティック食事法(3)動物性の割合

*   *   *

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当


カテゴリー: むそう塾スタイル, マクロ美風の体験的マクロビオティック | コメントする

一期一会

誕生日の薔薇

昨年はホテルのお部屋で迎えた私の誕生日ですが、今年は京都のマンションで先日誕生日を迎えました。
中川さんから届いた68本の薔薇は、こんなにもノビノビと元気に咲いています。
60代もあと1年だけなんだなと思うと、ちょっと襟を正して日々を過ごさなくてはと改めて氣が引き締まりました。

ところで、年齢の数え方については去年の記事で書きましたが、この1年間は環境の陰陽をとても感じた日々でした。
マクロビオティックをご存知ない方には、「環境の陰陽」といってもピンと来ないかも知れませんが、人はみな環境とともに生きています。
小さな環境では自分の住まいや職場ですが、大きな環境では地球そのものであり、宇宙までひっくるめて環境になります。
そして人間関係もまた環境です。

私たちはつねづね「生きている」つもりになっていますが、実は「生かされている」のが正しい姿であり、そのことを強く意識すると今ある不満のほとんどは消えてなくなります。
と同時に、自分が生かされている意味を考えると、自分の立ち位置が明瞭になってきます。
自分は何をするべきか、どう生きていけばいいのかが、その立ち位置から割り出されてくるからです。

私はありがたいことにマクロビオティックを知ってから、いつも自分が進むべき道が明確になっていて、知らず知らずのうちに道ができている感じがします。
「一期一会」を大切にして生きていると、自然に感謝の気持ちが湧いてきます。
良いとか悪いとかそんなちっぽけなことではなく、ただただ出会いに感謝して「今を生きる」というのは、マクロビオティックの精神そのものでもあります。

私は中川さんに出会えて本当に良かったです。
精神的な強さをしっかり学ばせていただいただけでなく、一人では到底出来なかったことが出来るようになり、多くの人達と喜びを分かち合える場を作ることが出来ました。
さらに陰陽の違いを身をもって確認することも出来ました。
お互いに一期一会を大切にするからこそ、こんな面白い生き方が出来ています。

これからも一人ひとりの塾生さんとの一期一会を大切に生きて行きます。


カテゴリー: こころ・想い, マクロ美風の体験的マクロビオティック | 2件のコメント

京料理人 中川善博のお料理 万願寺とうがらしの金平

万願寺とうがらしの金平 京料理人 中川善博

(万願寺とうがらしの金平 料理:京料理人  中川善博)


きのう、中川さんの所で初めてのお料理をご馳走になりました。
「万願寺とうがらしの金平」
上賀茂にある京野菜農家の森田さんが届けてくださった、朝取り野菜で作ってくれたものです。
最初は盛り付けが綺麗だなあと思ってぼんやり見ていたのですが、うっかり銘々皿に取って盛り付けを崩してしまいました。

その後、口に運んで「ん! 美味しい!」と思って、慌てて体裁を整えて写真を撮った次第です(大汗)
本来なら、すぐ講座になるところですが、もう日程がないので記事で漏洩します。
いくらでも食べられる軽さが魅力のお料理です。
材料の刻み方が参考になりますね。
これからは夏野菜を上手に使って、クールダウン出来る体にしておきましょう。

マクロビオティックの陰陽では、夏野菜は陰性揃いなので、マクロビオティック初心者は敬遠する傾向にあるのですが、夏だからこそ陰性の野菜が出まわる意味を考えて、間違った食べ方をしないようにしましょうね。

こんなことを書いている私は、マクロビオティックを始めた当初、丸3年間ほど陰性野菜には手を出さなかった頑固者でした(笑)
それでも平気なくらい陰性な体質だったんですよ(泣)
体って食べ物で本当に変わるものです。
今では陰性食材も上手に食べられる体になりましたから。


カテゴリー: 料理人 中川善博の陰陽料理, マクロ美風の体験的マクロビオティック | コメントする

次世代に伝えたいマクロビオティックの考え方と美味しいお料理

私はマクロビオティックの考え方を知って本当に良かったなぁと思っています。
生き方に軸が出来たし、迷わなくなったし、何よりも決断に自信を持つことが出来るようになりました。
たった2つの視点を持つだけで、こんなにも確信をもって物事を進めたり、本来なら不安であるべき状況の中でも、むしろ希望を持つことが出来るほど考え方が整理出来るようになりました。

こんなマクロビオティックですが、巷ではマクロビオティックが宗教だとか偏りすぎているだとか、良くないこともたくさん見聞きします。
それはそれでいいのです。
物事にはすべて陰陽があるのですから当然です。

私は息子に何を残してやりたいかを考えた時、やはりマクロビオティックの考え方と食べることが筆頭にありました。
今はひ弱な息子ですが、マクロビオティックのことを知って、少しずつ自信のもてる判断ができる大人になってくれたらいいなと思っています。

今の時代は情報が溢れかえっているため、不安にならなくていい人まで、意味のない不安にかられています。
でもね、人間は考え方一つで不安にもなるし、幸せにもなるのです。
どんな自分になりたいか?
それを実現するために、マクロビオティックの考え方は大いに有効です。

将来のある人ほどマクロビオティックの考え方を知ってほしいな。
だから私は次世代に美味しいお料理を伝えたいのです。
なぜなら、美味しいお料理には陽性の力があり、まずいお料理には陰性の力が宿ることを誰でも実感できるからです。
実感から陰陽を落とし込むと、深く納得できて、自信が生まれます。

単なるグルメ料理ではなくて、納得できる陰陽料理。
それがむそう塾でお伝えしているお料理の数々です。


マクロビオティック京料理教室 むそう塾 地鶏のつけ焼きと胡瓜の小串

(地鶏のつけ焼きと胡瓜の小串 料理:京料理人  中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

「地鶏のつけ焼きと胡瓜の小串」は、「夏のお弁当講座」で登場するお料理なのですが、串の刺し方にも盛り付けにも陰陽バランスがあります。
つまり、線の向きにも陰陽があるのですが、それをうまく外しながら安定感を得るあたりは、かなり高度な中庸の世界です。

そうなんです。
私たちがなんとなく落ち着ける心地よい空間や場所は、中庸に保たれていることが多いのですが、美味しいお料理とともに、そんなことをお伝えするのもむそう塾が大切にしていることです。
なぜなら、中庸は精神性の安定につながるからです。


【これから開催予定の講座案内 最新版】



カテゴリー: マクロビオティックが楽しい♪, 子育て・野口整体・アトピー, マクロ美風の体験的マクロビオティック | コメントする

マクロ美風の体験的マクロビオティック 動物性の摂取

むそう塾のサイトの方に「マクロビオティックの盲点」というコーナーがあります。
こちらにはマクロビオティックの問題点ともいえる内容が書かれていますので、マクロビオティック初心者にはぜひお読みいただきたい記事です。
たとえば次の記事は、動物性を摂らないように頑張っている人にはショックだったようです。
「動物性を完全排除することがそもそもマクロビオティックではないことに気づくべきです」

私は動物性も甘いものも完全に断っていた時期があります。
その時期は心身ともに快調でマクロビオティック万歳という感じでした。
1点だけ気になるといえば痩せすぎていたことです。
身長155cmで40㎏を切りかけたからです。
でも、物凄く元気なのでそれでいいのだと思っていました。

しかしそんなある日、「もう少し太った方がいいよ」という人が私の目の前に現れ、その人に陰性食品を食べようと誘われました。
この時が私のマクロビオティックの大転換期でした。
そこを堺に陰性食品の摂り方と心身への影響を観察し始めました。
コツコツと年単位での観察が続きました。
その後一定の結論を得たので、今はむそう塾生の体調反応をみながら陰陽の効果を確認しているところです。

今では動物性もたまに摂るようにしていますが、この場合はお肉よりお魚を選びます。
なぜなら、やはり体の反応がお肉の方が私の場合は負担になるからです。
お肉の陽性さとお魚の陽性さには差がありますが、それは生きている時のことを思えば当然ですね。
動物性を摂る場合は質を第一優先にするため、外食より自宅で美味しくお料理をする方が安心です。

そんなわけで、むそう塾ではお魚料理も教えますし、お肉料理も少し教えます。
秘伝コースでは天然の鯛を自分でおろしたり、一尾全部を使い切るお料理方法も伝授しています。
これがとても体に優しくて美味しくて、ご家族様からも大好評なのです。
動物性を絶対摂らないのではなく、必要なときには動物性を体に負担のない状態で摂ることを考えるのがマクロビオティックの陰陽の生きた使い方です。


蜆の味噌汁 マクロビオティック京料理教室 むそう塾

(蜆のお味噌汁 料理:京料理人  中川善博 マクロビオティック京料理教室  むそう塾 上級幸せコースの授業より)

マクロビオティックだからといって、昆布と椎茸のお出汁でお味噌汁を作って、体力がないと嘆いていませんか?
陽性の人だったり、過去に動物性をよく摂っていたりする人は昆布と椎茸でも大丈夫ですが、陰性がまさっている人なら鰹節と昆布のお出汁の方が体調を良くすることが多いです。
また、今もお肉やお魚をよく召し上る人なら、お野菜出汁の方が体が楽だったりします。

貝類は滋養のある食材ですから、女性も男性も日常的に食べてもかまいません。
二日酔いの翌日にはシジミのお味噌汁が効果的というのは、マクロビオティックを知らない人だって知っている食べ方です。
そういう大切な経験則を、マクロビオティックを盲信してしまって葬り去ることのないようにしましょう。
マクロビオティックを盲信しては危険です。

すべての食物は、美味しいと思えるなら食べれば良いし、美味しくないと思うなら食べなければ良いのです。
ただし、「質」と「量」にはいつもこだわりましょう。


カテゴリー: マクロビオティックの陰陽で考えてみよう, マクロ美風の体験的マクロビオティック | コメントする
12345...10...