マクロ美風の体験的マクロビオティック」カテゴリーアーカイブ

マクロビオティックを残す・伝えるために我々は何をするべきか?

昨日は東京で「マクロビオティックわの会」の第3回目が開催されました。
過去の開催は次のとおり。
・第1回 マクロビオティックわの会第1回目が開催されました 2018.1.17
・第2回 これからの時代へ マクロビオティックのあり方を考える会 2016.6.26

参加者は男性6名を含む13名でした。
新しく高桑智雄さんと七林秀郷さんがいらしてくださって、グッと現実的な話ができたのが良かったです。
七林さんはお父様の代からマクロビオティックということで、橋本宙八さんとも親子二代にわたる交流になって、素晴らしいことだなあと思いました。

ところで、この会のよいところは、日本のマクロビオティックとクシ・マクロビオティックの両方が同じテーブルについていることです。
実は、これはとても驚異的なことで、一昔前では考えられなかったことでしょう。
そして、男性がたくさんいて、男性のマクロビオティック観が熱く語られていることです。
ここに往年のマクロビオティックを思わせる真髄があるように感じます。

最近はマクロビオティックというと、お料理だけがクローズアップされていますが、マクロビオティックにおけるお料理は入り口であって、そこから奥の判断力の世界まで進んでこそ、マクロビオティックの良さを実感できるのです。
そこを伝えたくてウズウズしているのが、昨日集まった人たちということになるでしょうね。

桜沢如一先生は「精神文化オリンピック」の開催を目前にして亡くなったわけですが、それほど「精神」に及ぼす考え方を伝えたかったわけです。
「マクロビオティック わの会」でも、2020年を目標に計画を立てようと、具体的な話が飛び交いました。
しかし、現実には何事も資金があってこその話なので、今できること、今すべきことを話し合った一日でした。

私が思うのは、常に本物であること。
本物であればあるほど、求心力は高まり、洋の東西を問わず理解してもらえると思っています。
薄く広めたものは、いずれ収斂されていくことは、陰陽からいって当然ですから、他から人を惹きつけられる陽性な活動こそが、マクロビオティックを残す・伝えるために必要なことだと思います。

お天候の都合で稲の脱穀のために欠席された磯貝さん、ヨーロッパに行かれた小島さんにお会いできなくて残念でした。
次回の集まりは2018年2月18日(月)の予定です。

*   *   *

では、懇親会の模様を。





乾杯の動画です。
https://youtu.be/apPHzLElb9Q



(この他に写真撮り忘れがたくさん💦)

懇親会でお世話になったお店。
Manu ku(マヌクー)さん
永井邑なかさんの教え子さんのお店だそうです。



おしまい。


+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
「2019年度(第11期)幸せコース」の申込み
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床のご注文方法(2018年度の場合)
2018年中川式糠漬け(じゃい安Direct)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +


カテゴリー: マクロ美風の体験的マクロビオティック, マクロビオティックわの会 | コメントする

玄米ご飯とパンとマクロビオティックと私 お肌のことなども

私が玄米ご飯に出合ったのは、かれこれ40年以上前のこと。
東京にある自然食品店の2階にあるレストランでいただいたのが最初でした。
ボソボソとして不味いし、とても美味しいと思えるものではありませんでした。
おかずも茶色いものばかりで、野菜が並んでいました。

それまで横浜・東京の美味しいお店に行くのが楽しみになっていた私には、とても別世界で驚きでした。
仕事だったからそのお店に立ち寄ったものの、そうでなければ一生ご縁がなかったかもしれません。

そのまま玄米のことは忘れていたのですが、息子のアトピーを治そうと思って情報を集めていたら、どうやらマクロビオティックが良いらしいと知りました。
本を読んでみると、マクロビオティックでは玄米を食べると書いてあったので、その時になってやっと例の玄米ご飯が思い出されたわけです。

*   *   *

すぐ玄米ご飯の炊き方を習いに行って、一家で食べるようになった結果、家族に次々と良い変化が現れました。
夫と私の体重が3か月で10kgも減ったことは副産物として、息子のアトピーもグングン変化していったのです。
食べるものを変えるとこんなにも変化するものなんだと、その時初めて食べ物の力を認識しました。

話は変わって、よく私は「お肌が綺麗ですね」と言われることがあります。
自分ではちっともそんなことを意識していないので、正直なところビックリするのですが、そのお言葉を100%真に受けて考えると、それはやはり玄米ご飯のおかげかなと思います。
そして、毒消しと甘いものへの制限、食事量が一番大きな力になっていると確信します。
あ、パンをあまり食べないことも大きいかな?

私の食べ方のポイントは、いつも「腸の身になって食べる」です。
胃・小腸・大腸の中をイメージして、それらがオーバーワークにならないように気をつけています。
これは私がもともと胃腸が弱い体質だから、こういう食べ方をしてるのですが、胃腸が丈夫な人はもっと大胆な食べ方をされても平気なんだと思います。

ということで、人には個人差があるので、まずは自分の身体の特徴を知って、その特徴に合わせた食べ方が一番無理がないし、精神的にも楽だと思います。
そして、体調が良いと日々が愉しくて、年齢を忘れた働きが出来ます。

*   *   *

昨日、デパートの地下食品売り場で、こんな会話を耳にしました。
娘「友達のお母さんが朝食のパンはお休みの日だけって決めているんだって」
父「へ〜、どうして?」
娘「パンは体に悪いらしいよ 普通の日の朝食はご飯なんだって」
父「ほ〜、それは面白いね。パパはご飯が好きだから、今度ママに頼んでみるかな」

私はその会話が耳に入って来た時、「お! いい流れだなぁ」と思いました。
そのご家庭のママはどんな反応をするのか、興味があります。
私はパンはおやつだと思っているので、たまにしか食べませんが、早起きが苦手だったり、朝が忙しいご家庭では、朝食からパンのところが多いのでしょうね。
でも、その習慣を変えると、ググッと体調が変わってきますよ。

*   *   *

そんなこんなで、昨日はこんな色のお洋服を買ってしまいました(汗)
70歳だというのに(笑)
派手な色ですが、これを着こなせるように体調をキープしておきます。




+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
「2019年度(第11期)幸せコース」の申込み
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床のご注文方法(2018年度の場合)
2018年中川式糠漬け(じゃい安Direct)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +


カテゴリー: 食べたもののようになる, マクロビオティックが楽しい♪, 子育て・野口整体・アトピー, マクロ美風の体験的マクロビオティック | コメントする

【世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事】津川友介著

先程ちりめんじゃこを使ったお料理でお食事をしました。
上乾のちりめんじゃこは美味しくて、海の幸をいただけることに感謝の気持ちが湧き上がってきます。
そこには私とマクロビオティックの歩みがあるからです。
昔の私は、ちりめんじゃこ1匹も食べない食生活がマクロビオティックだと思って、せっせと動物性にサヨナラする食べ方をしていたからです。

それで体調不良になるわけでもなく、むしろ快適でした。
ただ、痩せ過ぎて体重が40kgを切りそうになったときには、お洋服を選ぶのに困りました。
女性特有の柔らかさが減っていき、陽性になりすぎるのも考えものだなぁと思い始めたものです。
え? 動物性を食べないのに陽性になるの?
マクロビオティックを始めたばかりの人は、そんなふうに思われるかもしれませんね。

はい、なるんですよ。
植物性でも陽性な食べ方をすれば陽性になります。
でも、女性はちょっと脂肪があったほうが柔らかさを感じられていいかなと思います。

*   *   *

そんなことを感じながら、日々むそう塾生の皆さんと、「食べたもののようになる」現実を直視していますが、そのことを周りの人が理解してくれるかというと、そうは簡単にいきません。
マクロビオティックなんて知らないし、仮に説明しても宗教だろうと怪しまれるし、西洋医学に頼り切っている人たちには寝言のように聞こえるかもしれません。

でも、時代は徐々に食べ物と病気の関係に気づき始めました。
そして、色々な角度から食べ物の力を評価するようになってきました。
そんな今は、エビデンス流行りですが、ここまで来たらいっそのこと、エビデンスからマクロビオティックを再考するのも面白いです。

【世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事】津川友介著

この本の内容は、マクロビオティックをしている人ならすでに理解していることがほとんどなのですが、それをエビデンスとして書かれていると、マクロビオティックを知らない人や嫌っている人にも説得力があります。
あなたの周りにいらっしゃる人の健康のために、エビデンスの視点から「食べたもののようになる」ことを理解してもらえたらいいですね。

ただし、お食事というのはエビデンスだけで満足できるものではありません。
いかに美味しく感じてもらえるか、いかに体調にピッタリのお料理を作れるか、そこには技術も伴います。
頭では知識として理解できても、実際に口に運ぶものから幸せを生み出せるか?
そこが現実問題として立ちはだかります。

むそう塾は、この本の内容をしっかり理解した上で、10年間に及ぶ結果を出して来ました。
塾生さんと二人三脚で出した答えは、むそう塾のエビデンスとして後輩に受け継がれて行くことでしょう。



(世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事)津川友介著



(世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事)津川友介著


+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の単発講座のご案内
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床のご注文方法(2018年度の場合)
2018年 中川式糠漬け(じゃい安Direct)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材

+ – + – + – + – + – + – +


カテゴリー: マクロビオティック料理教室 むそう塾, からだ, こころ・想い, マクロ美風の体験的マクロビオティック, 本の紹介 | コメントする

マクロビオティック指導家 田中愛子先生のこと

私がマクロビオティックを知って間もない時、ちょうどリマ・クッキングスクールの初級クラスの授業中に突然田中愛子先生が教室に現れました。
当時御殿場で冨岳庵をされていた愛子先生が、野草を摘んでリュックに入れて、その足で日本CI協会に来られたのでした。

少しお話ししてくださって、その時の愛子先生の全体の雰囲気から強く感じるものがあって、こんな素敵な生き方が出来るのならマクロビオティックを極めたいと、その日が私の決意の日になったのでした。

愛子先生は凛としたお上品さと美しさをお持ちで、小柄で細いお身体からは想像もつかないスケールの大きなお話がポンポンと飛び出します。
私が何よりも惹かれたのは、その判断の仕方や決意の強さでした。

女性でありながら、この強さはどこから来ているのだろう?
その日はそこまでで終わりましたが、マクロビオティックをちゃんと実践して、あんな素敵な晩年を迎えたいという目標が出来たのは言うまでもありません。

桜沢先生のハンマリングすら探検と思って乗り越えてきたからこその強さであり優しさであることを知ったのは、私がマクロビオティックの勉強が進んでからのことでした。
それを知ると、なかなか今の人があそこまで到達するのは並大抵なことではありませんし、環境にも恵まれなければ無理だと思えます。
それゆえに愛子先生を慕う人は女性のみではなく、男性にも多いのだと肯けます。

「苦しみをただ探検と思い、乗り越え、乗り越えて行きますと、すべてが面白く、喜び限りない生活を進んで行けるように思うのです。」

私は、愛子先生の遺されたこの言葉を胸に、気持ちを新たに「マクロビオティック京料理教室むそう塾」で、真のマクロビオティックをお伝えして行きます。

*   *   *













(田中愛子先生)

享年 93歳
逝去日 2018年2月13日
死因 心不全

日本CI協会のサイトより)


カテゴリー: マクロ美風の体験的マクロビオティック | コメントする

マクロビオティックを知って一番良かったこと

先日、東京である人と話をしていたら、「マクロビオティックを知って一番良かったのは、不安がなくなったことだ」とおっしゃるではありませんか。
私もまったく同じだったので、大きく頷いたのでした。

普通なら、これから先のことを考えて不安になることや、心配になることは日常的にはいくらでもあるものですが、マクロビオティックの考え方を知ると、それらを陰陽で納得出来るようになるので、不安な気持ちが消えていくのです。
穏やかな気持ちで事の成り行きを待っていられるようになるから不思議です。

その力を発揮するのは、どちらかというと、物事がうまく行かないような時に実感します。
普通なら落ち込むような場面、八方塞がりのような場面、運に見放されたような場面、そんな時でも前に進む勇気を見つけられます。

私も大きな体験から小さな体験まで、毎日マクロビオティックの体験の積み重ねをしています。
それらの体験や事例を交えながら、「2018年度(第1回)無双原理&盛付コース」で、陰陽を語り合いたいと思っています。
多くの人の不安がなくなることを願いながら。




(里芋の炊いたん 料理:京料理人  中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

お料理も陰陽を踏まえて作ると、とても美味しくなります。
そして、お料理そのものが陰陽の生きた学びになります。


+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床受付方法のご連絡(2017年度の場合)
中川式糠漬け(じゃい安)のご注文案内
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材


カテゴリー: マクロビオティックが楽しい♪, マクロ美風の体験的マクロビオティック | コメントする