マクロ美風の体験的マクロビオティック」カテゴリーアーカイブ

マクロビオティック指導家 田中愛子先生のこと

私がマクロビオティックを知って間もない時、ちょうどリマ・クッキングスクールの初級クラスの授業中に突然田中愛子先生が教室に現れました。
当時御殿場で冨岳庵をされていた愛子先生が、野草を摘んでリュックに入れて、その足で日本CI協会に来られたのでした。

少しお話ししてくださって、その時の愛子先生の全体の雰囲気から強く感じるものがあって、こんな素敵な生き方が出来るのならマクロビオティックを極めたいと、その日が私の決意の日になったのでした。

愛子先生は凛としたお上品さと美しさをお持ちで、小柄で細いお身体からは想像もつかないスケールの大きなお話がポンポンと飛び出します。
私が何よりも惹かれたのは、その判断の仕方や決意の強さでした。

女性でありながら、この強さはどこから来ているのだろう?
その日はそこまでで終わりましたが、マクロビオティックをちゃんと実践して、あんな素敵な晩年を迎えたいという目標が出来たのは言うまでもありません。

桜沢先生のハンマリングすら探検と思って乗り越えてきたからこその強さであり優しさであることを知ったのは、私がマクロビオティックの勉強が進んでからのことでした。
それを知ると、なかなか今の人があそこまで到達するのは並大抵なことではありませんし、環境にも恵まれなければ無理だと思えます。
それゆえに愛子先生を慕う人は女性のみではなく、男性にも多いのだと肯けます。

「苦しみをただ探検と思い、乗り越え、乗り越えて行きますと、すべてが面白く、喜び限りない生活を進んで行けるように思うのです。」

私は、愛子先生の遺されたこの言葉を胸に、気持ちを新たに「マクロビオティック京料理教室むそう塾」で、真のマクロビオティックをお伝えして行きます。

*   *   *













(田中愛子先生)

享年 93歳
逝去日 2018年2月13日
死因 心不全

日本CI協会のサイトより)


カテゴリー: マクロ美風の体験的マクロビオティック | コメントする

マクロビオティックを知って一番良かったこと

先日、東京である人と話をしていたら、「マクロビオティックを知って一番良かったのは、不安がなくなったことだ」とおっしゃるではありませんか。
私もまったく同じだったので、大きく頷いたのでした。

普通なら、これから先のことを考えて不安になることや、心配になることは日常的にはいくらでもあるものですが、マクロビオティックの考え方を知ると、それらを陰陽で納得出来るようになるので、不安な気持ちが消えていくのです。
穏やかな気持ちで事の成り行きを待っていられるようになるから不思議です。

その力を発揮するのは、どちらかというと、物事がうまく行かないような時に実感します。
普通なら落ち込むような場面、八方塞がりのような場面、運に見放されたような場面、そんな時でも前に進む勇気を見つけられます。

私も大きな体験から小さな体験まで、毎日マクロビオティックの体験の積み重ねをしています。
それらの体験や事例を交えながら、「2018年度(第1回)無双原理&盛付コース」で、陰陽を語り合いたいと思っています。
多くの人の不安がなくなることを願いながら。




(里芋の炊いたん 料理:京料理人  中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

お料理も陰陽を踏まえて作ると、とても美味しくなります。
そして、お料理そのものが陰陽の生きた学びになります。


+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床受付方法のご連絡(2017年度の場合)
中川式糠漬け(じゃい安)のご注文案内
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材


カテゴリー: マクロビオティックが楽しい♪, マクロ美風の体験的マクロビオティック | コメントする

マクロビオティックと動物性 マクロ美風の場合

私が動物性を口にする時が再び来るようになるとは、マクロビオティックを知ったばかりの頃は考えもしなかった。
もう一生動物性を食べることはないと、マクロビオティック以外のお料理の本も全部処分した。
そして、体重はみるみる落ちていき、3か月で10kg痩せた。
夫もまったく同じだった。
私の体重は38kgまで落ちた。

二人共体調は最高に良いのだけれど、何か一つ物足りなさを感じた。

ずっと何年もその答えが分からなかった。

ある日、立ち話でマクロビオティックの指導者に言われた。
「もう少し陰性を摂ったら?」
え? 陰性?

正直怖かった。
陰性を摂ることが。
でも、その指導者は私に陰性が必要だと判断されたのだから、その判断に従ってみようと思った。

そのうちに私の中で変化が起きた。
ずっと感じていた物足りなさの答えが見つかった。

ストイックなマクロビオティックをしていた期間にはなかったものが湧いてきた。
そして、それは私の真の強さになった。

陽性を取り入れて強くなるのではなく、陰性を取り入れて強くなれたことが、なんともマクロビオティックだなぁと思えた。

そして今は、塾生さんにこんなお料理もお伝えするお料理教室をしている。
生の食材が持つ効用を充分認識したうえで。
もちろん、毒消し方法はしっかりと伝えている。

世の中には動物性が必要な人もいるから。
動物性が人間関係に「和」をもたらすこともあるから。



(お造り 本鮪  天然鯛 針烏賊 料理:京料理人  中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)



(お造り 本鮪  天然鯛 針烏賊 料理:京料理人  中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)



(お造り 本鮪  天然鯛 針烏賊 料理:京料理人  中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)



(天然鯛の糸造り手毬盛り 料理:京料理人  中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)


+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床受付方法のご連絡(2017年度の場合)
中川式糠漬け(じゃい安)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材


カテゴリー: マクロビオティックの指導現場からシリーズ, マクロ美風の体験的マクロビオティック | コメントする

マクロビオティックを知らずに、勝手に毒消ししていた想い出

先に「若杉友子の毒消し料理」という記事を書いていて、ふっと想い出したことがあります。
それはこの写真にある玉ねぎの素焼きですが、昔私が横浜に住んでいた時、焼肉屋さんに行った時には、必ず「野菜焼き」と「サンチュ」を注文していました。
その時の野菜焼きの中には、玉ねぎが定番で入っていたことを想い出したのでした。

当時はマクロビオティックなんて知らないので、単純にお肉と一緒にこういうのを食べると、口の中がさっぱりするし、胃にもたれないから注文していただけなのですが、後でマクロビオティックを知ると、あれは毒消ししていたんだなぁと思ったものでした。
横浜から東京に引っ越してからは、2度ほど焼肉屋さんに行きましたが、かれこれ、焼肉屋さんに行かなくなってから40年近く経ちます。

体がそういう味を求めていないというだけのことなのですが、一番大きな理由は、焼肉を食べに行こうよという人が周りにいないだけかもしれません(笑)




「若杉友子の毒消し料理」から P20

でもね、こういうことって多くの人にあると思うの。
知らずにしている毒消しが。
これが体の欲求なんですよね。

マクロビオティックだとか、陰陽だとか、そんなことを知らなくても人は自然にバランスを取っていけるのですが、なまじマクロビオティックをかじってから体調不良になってしまう人もいるのですから、滑稽なことです。
もっともっと体が発する信号をキャッチしましょう。
人間の体は「正しく働くようにできている」のですから、その邪魔をしないことです。
これに尽きます。


+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床受付方法のご連絡(2017年度の場合)
中川式糠漬け(じゃい安)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材


カテゴリー: マクロ美風の体験的マクロビオティック | コメントする

過去記事にはマクロビオティックのヒントがいっぱい

Facebookでは今日と同じ日の過去記事が自動的に上がってくるのですが、自分で書いた記事を今読み直してみても、まったく同じ気持ちで、うんうんと頷いてしまいます。
今は「マクロビオティックの陰陽を活かした家事アドバイス講座」の記事が続いて、家事にご興味ない方には申し訳ないのですが、気分転換記事としてお読みいただけたら幸いです。

お酒と甘いものが止められないあなたへ 思いどおりの人生のために 2013.2.27
なぜお酒と甘いものを減らすと良いのか? 2013.2.27
「続ける」をマクロビオティックの陰陽で考えてみよう 2015.2.27
マクロビオティックの伝え方 むそう塾の場合 2015.2.27




(中川式玄米稲荷寿司 料理:京料理人  中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)


+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材


カテゴリー: マクロ美風の家事アドバイス講座, マクロ美風の体験的マクロビオティック | コメントする
12345...10...