メニュー

マクロビオティックの盲点

マクロビオティックには二つの大きな流れがあります。その二つの違いは主に塩分と油の摂取量にあります。どちらも体質に合っていれば最初は効果的なのですが、続けて行くうちに体調が今ひとつ本調子ではないと感じることがあります。そんな時にはその食べ方を改めるべく、むそう塾までご相談ください。

マクロビオティック「陰陽塾」(1) マクロビオティックの陰陽基本原理

日本CI協会が発行している「月刊マクロビオティック誌」に新しく「陰陽塾」のページが設けられました。もともとは「陰陽研究会通信」だったものを改題して、陰陽に関する記事を書いてくださるようです。ここに「高桑智雄」さんのお名前がありまが、この方はそれはそれは陰陽の生き字引のようなお人で、マクロビオティックの申し子として生まれて来られたような方です。一見すると飄々としてソフトなのですが、その頭の中は高速回転されています。私がマクロビオティックの第二の師として尊敬している人です。

 

日本CI協会では、マクロビオティックの陰陽を多くの人に理解してもらうために、難解な陰陽理論を少しでも解りやすくするための話し合いをされています。そのうちにハンドブックが作成されるそうですから、完成を心待ちにしているところです。
ところで、次のような図があって、これがマクロビオティックの考え方の参考になると思いますので、引用して掲載させていただきます。
「形而上学的無限絶対界と形而下学的有限相対界の2つをむすび、貫く原則」と「形而下の相対有限世界を支配する原理」との※印が理解を助けてくれることでしょう。

なんと解りやすいことか!

ぜひ、全文をお読みいただきたいと思います。
私がこちらの記事で書いていたことも、この「無双原理」の理解にほかならないのです。

 

「陰陽塾」(陰陽研究室便り) マクロビオティック1

(マクロビオティックの陰陽基本原理)

 

「陰陽塾」(陰陽研究室便り) マクロビオティック2

(月刊マクロビオティック誌2015年2月号より 58P)

 

「陰陽塾」(陰陽研究室便り) マクロビオティック3

(月刊マクロビオティック誌2015年2月号より 59P)


カテゴリー: | コメントする

マクロビオティックでは白砂糖を避ければ良いと思っていませんか?

私は常々砂糖の恐ろしさについて塾生の皆さんに話をしています。しかし、他のマクロビオティック教室で習われた方がむそう塾に来られると、「白砂糖は駄目だけれど、甜菜糖やメープルシロップなどのマクロビ甘味料に置き換えればよい」と思っている人がとても多くて驚きます。どうしてそんなことを信じてしまうのでしょう?

 

そもそも白砂糖も甜菜糖もメープルシロップも極陰性であることにかわりはありません。それなのに白砂糖だけが避けるべき食品で他の甘味料は良いというのはあまりにも陰陽を知らなさすぎます。というか、いかに緻密な目でお料理をしていないかが判りますね。こんなことはマクロビオティックを知らなくても、お料理を細心の注意で作ってみたら自ずと答えが出てきます。それをしないで受け売りでマクロビオティックを広めようとするから、白砂糖以外の甘味料は良いなどと言い出すのです。

 

では、むそう塾では白砂糖を絶対使わないのか?と言うと、たま〜に使います。それは白砂糖の透明感を利用したい時です。たとえば下の写真のように白く仕上げたいときに甜菜糖を使うと蕪がベージュ色に仕上がります。こんな時には白砂糖を使いますが、お菓子に使う量からみたら可愛いものです。それに大量に食べるものでもありません。それよりマクロビスィーツと称して、マクロビ甘味料を使ったお菓子を多く食べる方が体には悪影響を及ぼします。どちらにしても甘味料を使う時には必ずミネラルを摂っておくことを抱き合わせで教えます。

 

また、繊細な味の世界では、白砂糖のピュア感を必要とする場合があります。これを黒砂糖や甜菜糖に置き換えると台無しになってしまうお料理もあります。いわゆる雑味が入ってしまうからです。また、黒砂糖の中のミネラルが邪魔をして本来の陰性さを得られないお料理もあります。ですから私は白砂糖のみならず、甘味料全般が体に及ぼす陰性な作用をしっかり理解して、その上でどうしてもここでは必要という時に利用するのが無理のない使い方だと思います。原則は甘味料は極力避けるべしです。

 

内科医の内海聡先生が、Facebookに次のような記事を書かれています。先生はきちんと白砂糖もその他の甘味料についても説明されています。先生はちゃんとマクロビオティックの現状を把握されており、記事の中でも本来のマクロビオティックとそうでないマクロビオティックについて書かれています。どうぞご参考になさってください。

 

<内海聡先生の記事より>

砂糖以外の糖について

砂糖の記事については定期的に書いているが、そしたら黒砂糖は体にいいので砂糖ではなく白砂糖と書いてくれ、というメッセージを送ってきた素晴らしいバカがいた。面識もなく堂々と送ってくるその失礼ぶりにも失笑だが、こういう糖質ジャンキーはどこまでいっても嘘をつき、さらにそれを指摘されると逆ギレするくらいバカなので困ったものである。この辺の点において和食推奨派やマクロビの罪は重いといわざるを得ない。

 

そもそも本来のマクロビであれば、白砂糖はダメで黒砂糖はよいなどと述べていない。それは派閥別れした嘘つきたちが言い出した捏造である。科学的に考えても栄養学的に考えても、白砂糖がダメでほかがいいということは一切なく、黒砂糖もてんさい糖も三温糖もハチミツもメープルシロップも、すべて体に超悪い。所詮多少のミネラル・ビタミンが入っているかどうかの違いであり、直接糖の恐ろしさをさっぱりわからず正当化を繰り広げるのがジャンキーである。

 

もともと人間の体は糖を直接取るようには出来ていない。糖はコレステロールに影響を与え粥状動脈硬化を作り出す。この糖化は活性酸素を生み出し過酸化を誘導する。糖化が進むと体内ではAGE(糖化最終生成物)が生成され、それが粥状動脈硬化を助長する。糖は吸収すれば血糖が一気に上昇し、その後急速に下降することで人体を攻撃する種々ホルモンの分泌を促す。どんな糖であれ細胞を崩壊させやすくなり、ウイルスや細菌にも感染しやすくなり、アトピーなどアレルギーにもなりやすくなり、いわゆるメタボの主原因となり、癌にもなりやすくなり、精神的にも人を狂わせる。

 

間接糖(玄米や全粒粉や果実や皮付き芋)でさえ多くとりすぎれば害となる。事実、日本の死亡統計では結核などがかなり多かったが、これは糖質過剰を示唆している可能性が高い。また、昔の日本人にとって米はごちそうであり、そんなに簡単に食べれるものではなく、麦飯やひえやあわを食っていたのは皆さんも知っているはずである。また昔の種は今の米や麦より糖度が低く、タンパク質やミネラルの含有率も高かった。そんなのも知らない人が黒砂糖について語るというこの国のアホさ加減は、いったいどう説明すればいいのだろう。

 

極め付きはこの黒砂糖を勧めてくる写真もない誰かさんは、自分で講演もしているらしいというからお笑いである。しかし日本にはこういう人しかいないのが現実であり、嘘を広めながら徹底的に自己正当化と言い訳し続けるのがオチである。こういうことはあらゆる分野にわたって浸透しているが、こういうのゲスの極みというのが適当なのだろう。糖質ジャンキーなのだから当たり前だが、ジャンキーはそれでも正当化を繰り返す生き物なのだ。

 

菊花蕪 マクロビオティック料理教室 むそう塾

(菊花蕪 料理:陰陽京料理人  中川善博)


カテゴリー: | コメントする

あなたの「溜め込む=陽性 吐き出す=陰性」はバランスがとれていますか?

マクロビオティックでは陰陽で物事を判断しますが、今ではマクロビオティック料理の方が知られていて、もっと奥深いところにあるマクロビオティックの本当の良さを実感されていない人が多いように感じます。
私はマクロビオティックの哲学部分に惚れて、それで全国行脚を始めた経緯があります。

しかし、全国行脚をしていると、食べ方の段階で暗礁に乗り上げている人の相談があとを絶たず、よく話を聞いてみると、なんとお料理そのものがその人に合っていない物を召し上がっているケースが非常に多くてビックリしたのです。

それでついには料理の専門家である「京料理人  中川善博」さんに相談して、一緒にむそう塾を始めることになったわけです。

 

ですから、むそう塾は最初から体調不良の人を立て直す場としての使命を抱えてスタートしたのでした。

順調に講座も消化しつつ、お料理を通じてご家庭の幸せに貢献出来ていることを嬉しく思っています。

でもマクロビオティックはこれで終わりではありません。

その健康になった身体で何をするのか? どんなふうに生きるのか?

ここがマクロビオティックの目指すところであり、お料理や食べ方は導入部分にしか過ぎません。

健康になったといって手放しで好き放題をしていると、またいつしか体調不良が忍び寄ってくることになります。

 

食べ方にも暮らし方にも生き方にも人間関係にも陰陽を意識して、陰陽バランスを取りながら人生を愉しむのがマクロビオティックの醍醐味です。

私はその中でも人間関係の陰陽がとても好きです。

尽きることのない様々なタイプの人間がいますし、事情も色々なケースがあって飽きることがありません。

相手があって、その関係での陰陽もありますが、自分だけの陰陽もあります。

これが結構盲点になります。

なぜなら、人は自分のことってなかなか正確に判断しにくいからです。

そして癖が邪魔をするからです。

 

特に一人暮らしの人や、結婚していても配偶者との会話が少なかったり、あるいは配偶者の氣が仕事に没頭していると、一人で悶々としてしまう場合があります。

そんな時には、ぜひ自分の想いを外に出しましょう。

常々気楽に想いを外に出せる人は良いのですが、想いが屈折したり内攻したり考えすぎてしまう人は、その停滞した想いに潰されるようになってしまいますので、きちんと外に出しましょう。

想いを中に閉じ込めておくことは陽性に偏ります。

この場合の陽性は良い陽性ではなく、悪い陽性です。

 

ですから、Twitterでつぶやくのも良いし、誰かに打ち明けるのも良いし、相談出来る人がいたら構えないで相談するのもいいですね。

それらを突破口として、思わぬ展開になって解決の糸口を見つけたり、発想が変わったりするものです。

「溜め込む=陽性」「吐き出す=陰性」の陰陽バランスは、一番基本のスタイルでありながら、なかなか実行出来ていない人が多いです。

マクロビオティックってこんな身近なところから意識して、人生を遊ぶ感覚で生きるための考え方なのです。

 

今年はこんなマクロビオティックの原点をお伝え出来る機会を多く持ちたいなと思っています。

迷える人にこそマクロビオティックが必要です。

 

仏手柑 むそう塾 京都

(仏手柑 京都駅 宝泉にて)

 

仏手柑(ぶっしゅかん)はとても縁起の良い果物で、陰陽で判断しても良い氣を運んで来る感じがしますね。
さすがに京都では、喫茶店でもこのような飾りをしていて奥深さを感じました。


カテゴリー: | コメントする

今年のマクロビオティックは拡散から収斂の方向へ

昨日は東京の日本CI協会に行ってきました。
マクロビオティックについて気になる最近の状況をいっぱい話し合って来ました。
4時間以上もお相手くださったCI協会のIさん、Yさんに心から感謝を申し上げます。
マクロビオティックの総本山として果たすべき役割、そして桜沢如一先生の説かれたマクロビオティック、さらに久司道夫先生が亡き後のマクロビオティックなど、テーマは「今後」のあるべき姿でした。

 

桜沢先生のマクロビオティックへの熱き想いはそのままに、現代人に正しく伝わって健康と幸せに貢献できるより良い方法を巡って、貴重な情報交換の時間でもありました。
末端で感じるマクロビオティックの現実、それを総本山にお届けして、現代にふさわしいマクロビオティックにして行くことが、これからのマクロビオティックへの正しい理解につながると信じています。

 

途中で勝又靖彦会長にお目にかかって、少しお話をすることが出来ました。
その時に勝又会長が話された言葉に感動しました。

ああ、今、日本CI協会のトップの方はこんな意識をお持ちなんだなと確認して、私も大いに勇気をいただきました。

今年はマクロビオティックの伝え方における変革の年になることでしょう。

いや、変革しなければ、マクロビオティックは間違っているという声が多くなって、淘汰されてしまう時期に来ていると思います。

 

マクロビオティックには素晴らしい理念がありますが、その理念が誤解されたまま一人歩きしています。

マクロビオティックの考え方は多方面に応用できるがゆえに、原則と例外をきちんと提示して、本来の哲学的考え方を拡めるだけでなく、日本人の正しい食文化としての和食の伝承に今こそ力を入れるべきだと思います。

国籍不明の得体のしれないお料理を作っているだけでは一般人の理解は得られません。

現場は混乱しています。マクロビオティック難民が右往左往しています。

それでは外部から叩かれるのも無理はありません。

 

こんな混迷の時代だからこそ、はっきりとした方向性と目標を持てるマクロビオティックの考え方を、現場目線で総本山が収拾に乗り出してくださることを期待したいです。

 

桜沢如一著 魔法のネガネ マクロビオティック

(魔法のメガネ 原作:桜沢如一 監修:陰陽研究会)

 

桜沢先生が目指した世界は、主に久司道夫先生を通じて世界平和を強調したものとなって日本に逆輸入されました。

しかし、それによって「世界平和」の言葉が踊るだけの陰性料理が広まりました。

今や「マクロビオティック=健康料理」の段階でストップしている人が多く、桜沢先生が目指した最高判断力を意識している人は本当に少なくなりました。

 

つまり、マクロビオティックが食べ物の段階でウロウロしているのです。

目指すはマクロビオティック料理で健康になった心身で「どんなふうに生きるか」なのに、単に餓鬼道で終わってしまっている人を多く見かけます。

それでは見苦しいだけですから、多くの人の支持を集めることは出来ませんし、叩かれもします。

そんな現状を打破するためにも、今年をマクロビオティック収斂の年として、拡散(陰)から収斂(陽)の方向に進むべきだと思います。

 

◆ブログの次の記事も併せてお読みください。
マクロビオティックの指導現場から(動物性のこと) 


カテゴリー: | コメントする

本当のマクロビは肉も魚も禁止していません(内海聡医師の記事より)

内海聡医師の記事にマクロビオティックについて書かれた文章がありましたので転載させていただきます。

 

<Facebookの内海聡医師の記事より>

次に食の問題について書きましょう。ネットを中心に週刊誌レベルくらいでは、食に関する様々な問題もまた話題となりました。それに危機感を感じた日本の食産業や医療産業は、ヨーロッパやアメリカの基準さえも無視し科学はねじ曲げて、火消しに躍起になっておりました。自然の摂理、古代民族や野生動物の健康さ、栄養学的問題なども無視して、最後には「オルトレキシア」なんて病名まで作りだしたのだが、食産業と医療産業は根底から腐っているのがよくわかります。

 

砂糖、異性化糖、人工甘味料、牛乳、添加物、農薬、化成肥料、遺伝子組み換え食品、F1雄性不稔のタネ、トランス脂肪酸、インチキ植物油、MSG、偽食品、アメリカ小麦やアメリカ牛、海外輸入果実、コンビニ弁当や加工食品やデパ地下食品、放射能汚染食材、精製穀類の山、ホルモン剤や抗生物質含有食材、その他挙げればきりがないほどに不自然な食べ物が流通し、日本は世界で最悪のクズ食品を食べていることが明らかになりました。それはもちろん以前からなのですが、かなり話題として取り上げられることになったのは事実です。

 

少し勉強した人の中では、糖質制限食や先住民食などと菜食やまごわやさしいやマクロビなどの対立もみられました。私も菜食は健康の観点からはお勧めしませんし、昨今のマクロビは玄米菜食+黒砂糖はOKなどという、インチキ極まりないモノに変貌しています。本当のマクロビは肉も魚も禁止などしていませんし、陰陽もバランス、身土不二、一物全採を軸にしており、それを実践するものは著しく減ってしまいました。和食系か肉食系かにおいても、現代では相性や遺伝子や波動的一致点がみられます。それを考慮している人は日本には残念ながら存在しないようです。

 

なぜ食に留意しなければならないか、それは現代病のほぼすべては食や社会毒から発生しているからです。その理由を知るには科学を勉強しても無駄であり、古代民族や野生動物の歴史を知る必要があります。ちなみにストレスは現代病とはほとんど関係がないのも、これらの歴史をみれば一目瞭然でわかります。いずれにしろ日本は世界で一番病気の多い国、それが一番多い理由はこれらの毒物の流布にこそあり、あなた方が病気になりたくないというのなら、まずは社会毒や食毒を避ける努力が必要です。決して100%でなくてもよいのです。

 

来年は医療崩壊と同時に食産業の劇的な変化が起こるでしょう。コンビニやスーパーやデパートでは無添加という嘘の表記が増え、社会毒は一般人にはさらにわかりにくく入ってくるようになります。これらを最終的に改善するには法律の改正が必要ですが、この国にそれを期待するのは困難です。よって安全で昔ながらの食品を扱っている方達をいかに応援するか、それを普及させるかがカギになります。大手の不買をいかにし続けて売国企業を追い詰めていく必要があります。

 

不穏な社会情勢を考えれば一次産業者の知り合いを増やし、家庭菜園をやることも重要なことだと思います。また、まずは子供が食べるものに留意した方がよく、大人はそのおこぼれでも十分です。ここでも最初は100%を求める必要はなく、自分たちでしっかりと勉強していくことが重要であり、さらにいえば食の問題は食だけでなく医療にも政治の問題にもつながっていきます。私たちは自分たちがせめて人並みの生活をするためにも、政治に対して真摯にアプローチしていくことが必要なのです。

 

 

<マクロ美風より>

マクロビオティックのことを良く調べていらっしゃいます。

特に下記の部分が現代のマクロビオティックをよく観察されています。

昨今のマクロビは玄米菜食+黒砂糖はOKなどという、インチキ極まりないモノに変貌しています。本当のマクロビは肉も魚も禁止などしていませんし、陰陽もバランス、身土不二、一物全採を軸にしており、それを実践するものは著しく減ってしまいました。

 

私はこの変貌に危機感を感じるからこそ、こうしてブログと教室で本当のマクロビオティックを伝えようとしているのです。
今では「マクロビオティックの人お断り」と張り紙を出す病院もあると聞きました。

おそらく医療の現場では、間違ったマクロビオティックをして著しく体調不良になった人が面倒なことを言っているのでしょう。
このままでは、間違ったマクロビオティックをかじった人は変人扱いされて、厄介な人でお終いになります。

むそう塾はこれらとは一線を画した「ほんまもんのマクロビオティックの良さ」を伝える料理教室であり続けるべく頑張っています。
(ああ、こうしてむそう塾はマイナーな存在になって行く。笑)

 

梅人参 マクロビオティック料理教室 むそう塾

(梅人参 料理:京料理人  中川善博)

 

美味しくするために陰陽を考え、健康になるために陰陽を考え、希望をもって生きられるように陰陽を考え、そんな陰陽の運転方法を教えるのがむそう塾なんですけどね。

まずは食から。これがマクロビオティックの視点です。


カテゴリー: | コメントする

「砂糖と乳製品に関する内海聡先生の記事より」に寄せられたコメントに対するお返事

先日「砂糖と乳製品に関する内海聡先生の記事」をブログでご紹介したところ、マクロビオティックの通信教育を受けておられる方からコメントがありました。

通信教育となると、そばに陰陽のことを話す仲間もなく、もっぱらテキストを片手に(あるいはDVDを観ながら)孤軍奮闘されているのかと想像します。

もちろん、テキストを書かれた先生に気軽に質問することも出来ないでしょうから、疑問があっても解決のヒントもなく、自分流に解釈して進んで行かれるのだろうと思います。

 

そうしていつしか先生が伝えたかったマクロビオティックとは異なった受け取り方をされて、マクロビオティックの良さより弊害の部分が目立つようになってしまう人が多いですね。

なんだか良く解らなくなって、とにかく動物性を抜いて玄米とお野菜を食べて、マクロ甘味料に置き換えています的な人がむそう塾にも来られます。

冒頭の記事にコメントを寄せてくださった方は、孤独ではないけれどマクロビオティックの通信教育を受けていながら疑問点が解消されていない人でした。

そしてまさに、弊害の部分が出てきています。

 

下に私からアドバイスを差し上げますので、他にも同じような環境におられる方は、ぜひご自分の玄米ご飯に対して革命を起こすお気持ちで取り組んでみてください。

答えは体が教えてくれますから、その答えから学びましょう。

多くのマクロビオティック関係者が、主食に対する姿勢を見直すきっかけにしてほしいと思って、こちらでコメントに対するお返事を記事にさせていただきます。

 

<「砂糖と乳製品に関する内海聡先生の記事より」に寄せられたコメントより>

 

(投稿者:初心者さん)
早速のお返事ありがとうございます。
土鍋炊きは近くでマクロビオティックを実践している方のおすすめで(盲点の記事にもあるように、昔からある器具がいいよという意味もあるそうです)真似をして、より陰性に炊き上げるやり方です。

 

が、こちらのブログ拝見してからまた考え直し、自分はおそらく陰性より、主人もどちらかといえば…と感じているので今は圧力鍋の方がいいのでは!?と思い、今夜からはそうしてみようと思います。
ご指摘の通り長女は二回で玄米を嫌がりました。我が家のお米がコシヒカリだからなのかとも思ったりしましたが…たくさん噛むのが嫌だそうで…
体の声を聞きながら、ツヤツヤふっくらおいしいご飯を炊けるように勉強したいとおもいます。

 

毒消しの記事も昨日検索方法を発見し、順番に勉強させていただいています。
ありがとうございます。

 

現在授乳期で、上の子の時も同じで助産師さんいわく痩せる体質だそうなのですが、8キロほど痩せ40キロギリギリです。授乳期は動物性、カロリーの高いものを避けている関係もありますが、これ以上は体重は落としたくなく、マクロビオティックの現場から一般的に気をつけることがありますか?もしかしたら盲点の記事の陰性に偏りすぎの話にも通じるのかとも感じてはいます。白米菜食気味なので…ちなみに身長は153ほどです。

 

リウマチの人は熱帯性の食べ物は避けるようにともありますが、これも毒消しをうまく使い、体の声を聞きながらがマクロビオティックなのかなとも思っています。まだ浅い知識なのでずれていたらすみません。

 

家族みんなが幸せになれるご飯づくり、また生き方になるようにゆっくりでも前に進みたいと思います。
これからも勉強させていただきます。

 

 

<マクロ美風より>

 

初心者さん、こんにちは。

再度のコメントをありがとうございます。

 

まず、次の記事を読まれたことはおありでしょうか?

「マクロビオティックの指導現場から(7)お鍋の陰陽と玄米の炊き上がり」

むそう塾では入手可能なお鍋はすべて試した結果、現段階ではビジョンという圧力鍋をお奨めしています。

より自然界に近いからという理由で土鍋を使われる方もいるのですが、長い間食べ続けても体調に害が出ない炊き方を実現するには、圧力鍋の方がコントロールしやすいからです。

主食ですから、一生食べ続けられる炊き上がりになるのが理想です。

 

ご指摘の通り長女は二回で玄米を嫌がりました。

 

やはりね〜。お子さんは大人より敏感ですから、自分の体に負担になるものは本能的に拒否するのです。

それは自分の命を守るセンサーがしっかり機能している証拠でもあります。

 

我が家のお米がコシヒカリだからなのかとも思ったりしましたが…たくさん噛むのが嫌だそうで…

 

コシヒカリに否定的な指導をしているところもあるようですが、根拠は確かめましたか?

むそう塾では多くのお子さんがコシヒカリを召し上がっていますが、何の問題もありません。

それはお米の品種の問題ではなく、単に炊き上がりが不味いからお子さんが嫌がるのです。

子供は美味しいものはパクパクと気持ちよく食べてくれるのですが、噛んでも美味しさがにじみ出てこないものは食べたがりません。

ましてや能書きで子供を説得しようと思ってもまったく通じません。

ぜひ、お子さんが食べられる炊き上がりを目指しましょう。

 

次に痩せる問題についてですが、玄米が完全に消化吸収されるレベルに炊き上がっていないと、玄米の栄養価は成分表にあるほど体には入っておらず、排出効果だけが高まります。

その結果必然的に痩せてきます。

そのような玄米ご飯を炊かれる方がむそう塾にはよく来られますが、中川式の炊き方でふっくらと白米のような玄米ご飯になると、落ちていた体重も戻ってくる人が多いです。

しかし、元々食べても太れないタイプの人もいますけどね。

 

それから白米菜食だとどうしても不足する部分が出てきますので、おかずで補いを必要とします。

主にミネラルとビタミンが不足しがちになるので、玄米菜食の主食を白米に置き換えただけでは不十分になります。

これは米糠部分に含まれている栄養素が摂取できるかどうかの問題にかかるわけです。

玄米ご飯が完全な炊き上がりになればこの問題は解消されます。

 

それからリウマチの件に関しては、「熱帯性の食べ物は避ける」と把握されているようですが、これは言い換えると陰性を避けるということでもありますよね?

それだけで治るほどリウマチは簡単な病気ではありませんので、夢々お食事だけで治そうとは思わない方が良いです。

リウマチの治療法は諸説ありますが、私は案外免疫療法や温熱療法の効果にも期待します。

 

マクロビオティックを盲信していると、重要なところを見落としたり治療のチャンスを逃したりしますから、ご自分の頭で考えて納得が行くまで掘り下げましょう。

そして、一日も早くお子さんが笑顔で「おかわり!」と言ってくれる玄米ご飯を炊き上げましょう。

それが確実な第一歩だと信じます。

 

中川式玄米ご飯 むそう塾 京都 マクロビオティック料理教室

 

 (中川式玄米ご飯 料理:陰陽京料理人  中川善博) 


カテゴリー: | コメント(2)

三浦直樹医師の記事からマクロビオティックを盲信している人のことを思う

医師の立場で日々患者さんと接していると、きっとマクロビオティックをかじった人は厄介な患者に入ると思います。

頭でっかちになっていて、あれダメこれダメという狭い考え方に縛られてしまっていて、それを払拭するのに一手間かかるのではないかと思うのです。
もう10年ほど前の話ですが、某医師から突然私の所に電話がかかってきたことがあります。
「あなたはマクロビオティックを広めているけど、マクロビオティックを知った人間がどうなっているのか現実を知っているのか?」と。

とても怒った内容でしたが、私はその医師のお気持ちがとてもよく理解出来ました。

なぜなら、すでに私もマクロビオティックの現実を把握していたからです。

 

マクロビオティックつながりでご縁のあった人たちの体調に向き合っていると、まさに某医師の気持ちと同じになることが多いです。

ですから、最近はブログのタイトルも変えて「マクロビオティックの落とし穴」として、間違った方向に進んでいる人に気づいてもらうことを念頭においた記事を書いています。
こちらのコーナーの「マクロビオティックの盲点」も同じ趣旨によるものです。

 

私の知り合いで医師の三浦直樹先生が、Facebookに胸の内を語った記事を書かれていましたので、リンクさせていただきます。
三浦先生はきっとマクロビオティックを盲信している人にも手を焼いておられることと思います。

先生の文章の中で次の言葉が究極ですね。

我々の人生の目的は、肉体を卒業するその日まで「幸せに生き切ること」。

病気治しや病気にならないこと、食べたい物を我慢したり、やりたい事を我慢することだけが人生の目的では無いと思います。

 

<三浦直樹医師の記事より>

 

ー引用開始ー

 

最近、色んな食事療法や健康法にこだわり過ぎて、また縛られ過ぎてストレスを感じている患者さんが多いと感じています。

「こうしなければ」「こうすべき」というルールが強すぎると、守れなかった時にストレスが生じます。

知識やルールは、ともすると自分や他人を裁く諸刃の剣になってしまいますよね。

往々にして、そういう健康法の指導者は「もし、これが出来なかったら病気が悪化するよ」とか、「いつか罰が与えられるよ」などという恐怖心を同時に植え付けることもあるようです(人により多少は必要な事もあるので、バランスが大切ですが)

どんなに良い健康法や心の教え(宗教的な物も含め)も、恐怖心の上に成り立っているものは交感神経の緊張をもたらし、結果的に健康には繋がりにくいのではないかと感じています。

我々の人生の目的は、肉体を卒業するその日まで「幸せに生き切ること」。

病気治しや病気にならないこと、食べたい物を我慢したり、やりたい事を我慢することだけが人生の目的では無いと思います。

とは言え、幸せに生きるためにはもちろん健康な方が良いので、その為には何を食べ、どういう生活をすべきか?という逆からの「幸せ思考」に基づいた健康法は必要かと思うのですが、根底に恐怖心だけがある健康法はいかがなものか?と感じた昨日の数件のカウンセリングでした。

我々夫婦の生活も、一般的な方からすると少しストイックで修行的な生活に見えるのかもしれませんが、今の我々にはこれが丁度心地よい。

もちろん個人の考え方でありますが、我々の根底に恐怖心や他人への押し付けは、ほとんどあまりありません。

自分たちが楽しいと思って、好きでやってるだけですので(笑)

自分を裁くのは基本的に自分ですので、その枠を少しでも広くして、楽しく充実した人生を創るお手伝いが出来ればいいなと考えています。

ご縁のある多くの方が、「自分はもっと幸せになっていいんだよ」という許可を自分自身に与えられるような活動が出来れば嬉しいですね。

個人的には人生に罰ゲームは必要ないのでは?と考えていますし、過去と他人は変えられないが、自分と未来を創造していく能力が、我々ひとり一人には備わっていると思います。

他人との比較ではなく、自分本来の自由を皆さんが取り戻せれば良いですよね。

 

ー引用終了ー


カテゴリー: | コメント(4)

マクロビオティックの盲点を医師が解説した文章が的を得ている

Facebookで医師の内海聡先生が次のような記事を書かれていました。

 

ー引用開始ー

 

マクロビオティック

 

マクロビ自体は賛否両論あるようだが、元は食文化研究家の桜沢如一が考案したとされる。いわゆる玄米正食、菜食を副食とする基本としているといわれてきて、陰陽論を持ち出すのだが、この陰陽論は古い東洋医学の観念に照らし合わせてもかなり「ヘボい」ものだと言わざるを得ない。ただ良いこともいろいろ言っており、身土不二、砂糖使用不可、天然由来の食品添加物使用、天然塩の使用、乳製品はダメ、一物全採などは現代科学に照らし合わせても間違いとは言えない。

 

ではなぜマクロビが否定されるのか、これには二つの観点が必要である。一つはいわゆる動物性たんぱく質の拒否が、非常に非科学的なだけではなく不健康に直結するからだ。いわゆる人類穀食動物論は、すぐに論理崩壊してしまうくらいおかしな話であり、肉食動物で歯の本数がこの理論に合致しないものは無数に存在する。古代民族の食べ方と彼らの健康状態、マクロビが導入された時代背景(欧米食の流入によりおかしくなった点、政治背景)などを考慮する必要がある。

 

しかしマクロビも裏というか分派していったいくつかの派の主張を追っていくと、すべてが間違いではないことも垣間見える。まず真の意味で古き説に従った分派によれば、肉を食べることも野菜を食べることも一切否定していない。つまり現在肉食や魚食を否定しているようなマクロビはインチキだとまで主張する。これは私も同意できる話である。さらにいえば砂糖はダメで黒砂糖やてんさい糖が良いなどというのも、後世に分派した人々の作り事だとさえも主張する。この砂糖代替論がよく否定されるもう一つの観点だが、これもまた私は同意できる話である。

 

マクロビは宗教的だといわれるが、別に私は思想や哲学を重んじながら生きることが悪いとは思わない。問題は強制もさることながら明らかに生物として歪んだ方向に進んだことだ。桜沢が支持した生体原子転換は部分的には存在するが、これには旧来物理学を用いても証明などできないだろう。また、この食事が健康に悪いといわれる一方で、厳格にしている人でもしていない人でも、時に非常に健康で何の病気もなく虫歯も何もない人がいるのもまた事実だ。割合としては肌つや悪く血色不良な人が多いといわれるが、玄米菜食で健康な人の理由は単に栄養学だけでは説明できない時もある。

 

この世界では不食で生きている人がたくさんいる。海外にも多いし日本でも何人もいるのが現状だ。一日一食や二日に一食でも非常に健康な人もいる。これは部分的には栄養学や食養学の矛盾を意味しているし、逆にたくさん食べても健康的に見える人もいる。つまりここで確実にいえることは、これらにおいて普遍的に当てはめることが出来る理論など、まだ存在しないということである。多重因子も考慮できない中で食事だけで全てが決まることは決してなく、生きることと食べることの本質に常に向き合いながら、すべての人々が自問していく必要があるだろう。

 

ー引用終了ー

 

*   *   *

 

動物性拒否の件や砂糖代替論などは、常々むそう塾の指導現場でも明らかに違うよねという結論を得ているので、どちらかというとこの記事は我が意を得たりという感じでした。

それとともに、実際に目の前にいる人を見れば果たして何を必要としているのか、よほど頭が麻痺していない限り判断がつくはずなのですが、受け売りでマクロビオティックを広めているとそこが盲点になってしまいます。

 

自分の体で試して、その他の人にも適用出来るのかどうかを確認しなければ、安易に偏った食べ方はしない方が安全だとむそう塾では思っています。

マクロビオティックの考え方が流行で誤解されたまま消えるのではなく、良い点は正しく伝わってほしいと思っています。

 

記事の末尾で内海先生も仰っておられますが、(多重因子も考慮できない中で食事だけで全てが決まることは決してなく、生きることと食べることの本質に常に向き合いながら、すべての人々が自問していく必要があるだろう。)その部分を各自が冷静に考えて選択をし、どんなふうに生きるのかを、こんな時代だからこそ真剣に考える必要があると思います。


カテゴリー: | コメントする

「心と食」のつながりを体系化した桜沢如一氏のマクロビオティック

マクロビオティックを紐解く時、最初に出てくるのは石塚左玄あたりですね。

その石塚左玄という人の考えを一歩進めて体系化したのが桜沢如一先生でした。
そして食養の段階からマクロビオティックとして変貌を遂げたのですが、未だに食養の域を出ないマクロビオティック指導者もおられます。

しかし、「心と食」の関係を体系化した桜沢先生の提唱されたマクロビオティックは、とても夢や希望が持てる内容で、人生のどん底にあるときでも勇気が湧いて来ます。

 

人生なんて思いどおりに行かないのが当たり前ですから、そんな時、どんなふうに考え、どんなふうに決断するかはとても重要です。

一日は等しく24時間ですし、一年間も等しく365日しかありません。

そして一生もおおよそ100年前後で終わるのでしょう。

その間に何を想って何を頼りに生きようと個人の自由ですが、私の体験上、マクロビオティックの考え方はかなり影響力が大きかったです。

それは私一人ではなく、家族も含めて、あるいはその他のご縁があった人々の体験も踏まえて、「心と食」の関係を確認したからです。

 

特にむそう塾を通じて食事指導をしていますと、食べ物の持つ力と心の変化が手に取るように確認できて、「食べたもののようになる」ということが嘘ではないと強く思えます。
そしてまた反対に、その人を見ると、それまで食べてきたものが結果として表れていて、やはり食べたものが細胞を作るんだなぁと思うと同時に、食べたものに支配されている心のありようまで如実に伝わってきます。

それは私たちが宇宙(自然)の営みの一構成員なのですから当然のことなのですが、ついつい私たちは目に見えるもので判断してしまいがちです。

 

しかし桜沢先生の説いたマクロビオティックは、目に見えないものにこそ真実が隠れていることを教えてくれました。

私たちは今まで見えるものを中心に判断することを当たり前として生きて来ました。

しかしそれはあらゆる分野で閉塞感を生んでいます。

そんな時にマクロビオティックは、違った視点で突破口を開いてくれます。

その突破口のもとになるのは、日頃私たちが口にしている食べ物なんだと教えてくれています。

ここがマクロビオティックの最も素晴らしいところです。

 

動物性には動物性の、植物性には植物性の良さがあり、それらを上手くバランスを取りながら「心と食」の関係を大切にするのがマクロビオティックです。
その土台になったのが、石塚左玄氏の「夫婦アルカリ論」でした。

今はまだ明治に導入されたドイツ栄養学が主流ですが、そろそろ東洋的な考え方も知られるようになって来て、食べ物を陰陽で考える人が増えてきました。

ここでも声を大にして言っておきたいのが、陰性が悪くて陽性が良いのではないということです。

 

一人ひとりにとって体調の陰陽は異なるし、ましてや食べ物もその反応も異なります。

「心と食」を結びつけることは、そんな末端の心の動きまで観察して初めて力を発揮するのです。

決して頭でっかちになって、知識の受け売りだけでマクロビオティックをしている「つもり」にならないよう、私は強く願っています。

結果を軽視したマクロビオティックは危険ですらあることをお伝えしておきたいです。

 

石塚左玄 マクロビオティック むそう塾

(化学的食養長寿論 石塚左玄著)


カテゴリー: | コメントする

ジャンプしましょう! 「別れのうた」(作詞・作曲/桜沢如一)から学ぶ

マクロビオティックの創始者である桜沢如一先生は、たくさんの本を書いただけでなく、歌も残しています。

その内容を知っている人は今は少なくなってしまったことでしょう。

何しろ、マクロビオティックとは食べ物のことだと思っていて、偏った料理しか頭にない人が多くなってきたからです。

でも、マクロビオティックは精神を豊かにし、夢をもって生きることを可能にする考え方なのです。

次の「別れのうた」には、力強く生きようとするエネルギーを感じませんか?
むそう塾をしていると、この歌の6番に該当する人を見かけるのですが、せめて4番の気持ちを持ち続けて「今!」を決心してほしいと思います。
一緒にジャンプしましょう!

 

「別れのうた」  作詞・作曲/桜沢如一

1)会えば別るるサダメなり 別れはモトにかえること
    会えばはかなき喜びも 別れて会えばトコシエよ
  
  さよなら ツァイチェン ドスィダーニャ ボン ボヤージュ!
  グッラック! グッラック! また会いましょ
  「おもいで」のクニは 「しらなかった」トキよ 「マコト」のクニよ
   a Dieu a Dieu a Dieu!

 

2)いまし会ったと思えども 早も別れの時が来た!
    もうお別れよ! サヨーナラ! 君よ自由にジャンプせよ

 

3)おお さよなら! サヨーナラ! 想い出さずに 忘れずに!
    自由に大きくジャンプせよ! 私も今にジャンプする

 

4)どうせこの世はせまいんだ! どうせこの世はしれたもの!
    ジャンプが何よりかんじんだ! 皆んないつかはジャンプするんだ!

 

5)日に日にジャンプする人も 朝から晩までする人も!
    10年に一度する人も どうせジャンプはせにゃならぬ!

 

6)おもいおもいでいいのだが どんなにジャンプがきらいでも!
    この世に生まれてきたからは どうせ一度はせにゃならぬ!

 

7)一生に一度もせぬ人は つき落されてせにゃならぬ!
    ひきずりこまれてせにゃならぬ! どうせ一度はせにゃならぬ!

 

 

マクロビオティック創始者 桜沢如一 むそう塾

(桜沢如一氏のG.Oレター)


カテゴリー: | コメントする

最近の投稿

最近のコメント

月別アーカイブ

中川ブログ マクロ美風ブログ
お問い合わせ