メニュー

マクロビオティックの盲点

マクロビオティックには二つの大きな流れがあります。その二つの違いは主に塩分と油の摂取量にあります。どちらも体質に合っていれば最初は効果的なのですが、続けて行くうちに体調が今ひとつ本調子ではないと感じることがあります。そんな時にはその食べ方を改めるべく、むそう塾までご相談ください。

マクロビオティックの最終目的

むそう塾では毎月玄米の炊き方をお教えしています。
この炊き方は、もうこれ以上玄米を美味しく炊く方法はない、というくらい極められた方法です。
玄米の特性や品種による違いを徹底的に研究した結果に、凄腕のプロの料理力が加わって炊き上げるのですから、この玄米ご飯を召し上がった人はその美味しさにとても驚かれます。
主食は毎日いただくものですから、美味しくなければ主食の資格なしとむそう塾では思っています。

 

しかし、その玄米ご飯ですらも、マクロビオティックの絶対条件ではありません。
白米を食べたい時には白米の良さを味わえばよいし、麺類を食べたい時には麺類の良さを楽しめばよいのです。
さらに言えば、体調によっては動物性を摂った方が良い場合もあるし、休んだ方が良い場合もあります。
それらはとても重要なことではあるのですが、それとてマクロビオティックの本来の目的ではありません。

 

マクロビオティックというのは、もっともっと壮大な考え方です。
そんな考え方を身につけて、人生を何倍にも愉しんでしまえるコツが陰陽という二つの視点で物事をみるということです。
もしあなたがマクロビオティックとは料理法だと思っておられるのなら、あまりにも勿体ないです。
あなたの人生を大きく変える可能性をもっているマクロビオティックの最終目的を知りましょう。

 

その内容はマクロ美風のブログ記事から。

 

中川式ちらし寿司 マクロビオティック京料理教室 むそう塾

(中川式玄米稲荷寿司 料理:京料理人  中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)


カテゴリー: | コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の投稿

最近のコメント

月別アーカイブ

中川ブログ マクロ美風ブログ
お問い合わせ