メニュー

中川善博から娘へのお弁当

サラリーマン時代に出勤前に、毎朝登校する子どもたちに弁当を作っていました。

スマフォなんて無い時代です。ガラケーで撮影して毎朝ブログにアップしていました。

記事のデートを見れば時代が判りますね。

これが現在のOBENTERSのルーツなのです。

今日の弁当


雑穀米、梅干し、蒸しキャベツ、里芋大徳寺納豆鋳込み、お揚げさんの焼いたん、ほうれん草胡麻和え、蒸し南瓜、アラメの焚いたん、コンニャク手綱


カテゴリー: | コメント(2)

コメント

  1. いをる のコメント:
    おはようございます。
    こんなお弁当を毎日仕事に持って行けたら幸せだな~
    ・・・・っと、私にもいつも愛情弁当を作って持たせてくれる母がいるんだ!
    母も私もまだまだマクロビ勉強中なので、お弁当メニューはベジタブルなものにとどまっていますが、愛情は善右衛門さんのお弁当に負けないかも!!なんて♪(親が子供に作るものですからね!)
    善右衛門さんの美しいお弁当を目の保養にしつつ、母に感謝しながら今日もお弁当をいただきたいと思います・・・・。
  2. zenemon のコメント:
    いをるさん こんばんは。
    いつでもどこでもお母さんの作ってくれるお弁当が一番なんですよ。
    私は母にお弁当作ってもらったことないし、娘も母がいないので母のお弁当を食べさせたことがありません。 ですから私が母親の分まで娘に旨い弁当を作ってやろうと毎朝作っています。
    愛する誰かに美味しいお弁当を作って始めてお母様の愛がわかるでしょう。
    それを連綿と日本人は紡いできたのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の投稿

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリーアーカイブ

中川ブログ マクロ美風ブログ
お問い合わせ